旧車屋SCM、始動。

ジムニー専門店として日々ジムニーの仕事をこなすSCM EXPERIENCEですが、

実は私、ジムニーが好き過ぎてジムニー屋になった訳ではありません。

 

そもそも私が車屋になろうと思ったきっかけは、

古い車に乗りたくて、そのためには自分で車を触れなきゃいかんと思ったから。

 

まだ学生だった頃、近所のお兄さんがしばらく見ないと思ったらインパラと共にアメリカから帰ってきて、

軒先でハイドロ屋さんをはじめ、見たこともないようなアメ車を沢山見れて、

それはそれはカルチャーショックでした。

ちょうどローライダーだけでなくKUSTOM文化も浸透しつつあり、

古い車に対する憧れが強くなります。

でも、古い車は当然壊れる。

その都度車屋さんに頼んでいたらいくらお金があっても足りない。

それなら、自分で直せるようになるしかない。

 

そこで自動車整備の職業訓練校に入り、整備を学び、

なぜか営業としてディーラーに就職して、

買い取り屋に転職して、

独立してジムニー屋になり、今に至ります。

 

本当に好きなアメ車や旧車屋さんではなく、ジムニー屋さんになったのは色々理由があったのですが、

旧車に半分足を突っ込んだ旧型ジムニーを扱ってきたことにより

旧車を扱える体制が見事に整いました。

エンジンオーバーホールを自社内でできる技術と設備を得て、

 

塗装は外注で納期や仕上がりや価格で散々嫌な思いをし、

それなら自分でやってしまえ!と自らが塗装工になりました。

 

どちらも外注に頼ろうとすると、費用的にも納期的にも困るし、嫌がられる仕事です。

 

夢に向けて遠回りしたようで、実は遠回りではありませんでした。

 

今までもちょこちょことジムニー以外の旧車を販売してきましたが、

まあまあ綺麗な個体を仕入れ、軽く整備だけして販売するというスタンス。

そうではなく、ボディーレストアからエンジンまできっちり手を入れた旧車を自社でプロデュースしたい。

そうです、今弊社がJA系ジムニーで主に行っている仕事の旧車版です。

 

ここ数年、旧車の価格上昇に焦りを感じ、何台か仕入れてストックしてあります。

ジムニーの仕事が忙し過ぎてなかなか触れてませんが、

腐らす訳にもいかないので合間を見て仕上げていきます。

在庫一覧はこちらから

 

「古い車は壊れる」

そう認識されている方は多いと思います。

故障が怖くて、乗りたいけど踏み切れずにいるという方も多いでしょう。

 

確かに、古い車は壊れます。

でもそれは、新車当時からどこそこ故障していた訳ではありません。

年数が経ち金属は酸化しゴムは硬化しプラスチックはもろくなり、

走行を重ねて摺動部は摩耗し、エンジン内には汚れが蓄積し、

結果、色々な部分が故障するのです。

 

そういった部分を先に対処してあげれば、古い車だって壊れません。

当然最初にお金は掛かりますが、

いつ止まってしまうのかビクビクしながら乗るのは嫌ですよね。

 

古くてもある程度安心して乗れる車

うちは旧型ジムニーをそんなコンセプトでずっと作ってきましたし、

それは車種が変われど同じです。

 

近日、製作をはじめたストックカーをご紹介いたしますので、お楽しみに。

 

 

こちらは、以前所有していた1965年のベルエアワゴン。

ボディーを仕上げてもらおうとボディーショップに預けて、

1年以上屋外で放置されて仕方なく引き上げ。

最終的にはオークションに出してしまいましたが、

今だったらきっちり仕上げてやれたかな。

 

最近はこいつで楽しませてもらってます。

 

新年あいさつ 冬休み

新年あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

って、気が付けばもう既に6日ですね。

はやっ!

気持ちのうえでは元旦から新年挨拶、今年の抱負的なブログを書こうと思っていたのですが、

ここ最近、自身の老いを切実に感じておりまして、

夜パソコンに向かうと睡魔に勝てずに寝落ちしてしまう自分がいます。

 

私も早いもので40と数年生きてきまして、

日本の男性平均寿命が81.64歳(2020年)とのことですから

平均寿命まで生きるとしてちょうど折り返し地点。

明日死ぬかもしれない残りの人生で、やりたい事をどれだけできるのだろうか?

なんて考えてしまいます。

 

有難いことに毎日沢山のお客様からの注文仕事をさせて頂いておりますが、

注文をこなすのが精一杯で、創造的な事は何もできておりません。

 

休みはほぼ週一回の定休日のみで突っ走ってきましたが、

休日もそろそろ考え直さないと。

自分だけならまだしも、従業員もいることですし。

 

今より休みを増やして仕事終わるのか?

という心配もありますが、もっと効率が良いやりかたがあるはず。

 

衰え行く体力を考えると、一生現役は無理です。

若い世代を育てて継承していかなければなりません。

 

という事で、今年は働き方改革をしていきたいと思います。

 

今回の冬休みは特に仕事もせずに、のんびり過ごせました。

数年ぶりに餅つきして

年越しそば食べて

自宅から初日の出を拝み

お雑煮食べて

伊豆シャボテン公園に行って

お猿さん見て

進化論って実は間違ってるのでは?と思い

すき焼き食べて

山梨のカレー屋さんへ行って

大企業並みの11連休はあっという間に終わりました。

明日7日から営業再開いたします。

今日は明日からの仕事段取りを考えつつ、のんびり過ごしたいと思います。

色々と大変なことになってます ご来店時のお願い

敷地が車で一杯です。

車検や修理やカスタムの預かり車輌

納車待ちの製作中車輌

在庫車輌

部品取り車

で店舗はパンパン!

別所にある置き場も同様

身動きが取れないほどの状況です。

 

それに伴って慢性的に代車が足りない。

現在も代車の空き待ちで何人か入庫をお待ち頂いている状況。

 

営業年数を重ねれば顧客が増えるのは当然でして、

車検や整備で入庫される数は年々増えてます。

他店購入のお客様の修理やカスタム入庫も増えてますね。

電話やメールの問い合わせも沢山。

 

それに伴い本業である旧型ジムニーのリフレッシュカスタム製作に遅れが生じてます。

一番の問題は塗装ですね。

私が営業接客対応と陸送ドライバーと塗装工と社長業を兼ねているので、どうにも時間が足りないのです。

 

それと、最近切実に感じているのが接客スペースの確保。

ご来店されたことがあるお客様はご存じかと思いますが、

現在の事務所はカウンター席のみで1組でいっぱい。

来店が重なった場合はアウト。

この暑い中、外でお待ち頂くのも申し訳ないし、

そろそろ真剣に増築を考えなくてはならないかなと考えております。

 

こんな状況でして、

お待たせしてしまっている皆様、大変申し訳ございません。

順番に作業してますので今しばらくお待ちください。

 

そして、商談などでご来店される方へのお願い。

ご面倒ですが、直前でも構いませんので必ず店舗にご一報ください。

私が車検や引き取りや塗装作業などで不在にすることも多く、

せっかく遠方からご来店されても留守ですと申し訳ないですし、

来客が重なってしまうと無駄にお待たせしてしまいますので。

先述したように今のところ快適な待ちスペースはありませんし、

お客様駐車スペースも限られています。

整備スタッフもある程度の説明はできますが、

金額など突っ込んだ話はできません。

 

塗装工場兼置き場は店舗とは別所にあり

住所は公表しておらず看板もありませんが、

なぜか近隣の方にはばれてます。(笑)

こちらは基本的に立ち入り禁止です。

一般人から見たら部品取り車にしか見えないような車も沢山ありますが、

一見様に中古部品の販売はしておりません。

部品取り、中古部品は顧客様への緊急時のためのストックです。

大切な商品であり、お預かりしている車輌もあります。

セコム加入 防犯カメラ完備です。

 

現場からは以上でございます。

ハイラックス納車 作業状況 JB64リフトアップ JA22SCM製作販売車輌入荷

ご無沙汰しております。

どこから話したらよいのやら。

あちらこちらに引き取り納車が続き、

私自身、塗装の作業が全くできておりません。

おまけに前回の塗装時に痛めた腰が長距離運転で悪化。

レッカー代が稼げるのは良いことなのですが、

肝心の仕事が進まず、働き方を考え直さねばなりませんね。

そんな中の納車御礼。

US TOYOTA PICKUP 通称ハイラックス。

ようやく納車となりました。

仕入れた時点でエンジンがぼそついていて、

点火系かな~と甘く見ていたら、まさかの圧縮不良。

ヘッドを降ろすという大変なことになってしまいましたが、無事に修理完了。

陸運局で登録してお届け納車となりました。

ありがとうございます!

私がいない間にも工場ではスタッフが着々と作業を進めております。

オーダー製作のエンジンオーバーホール

JB64のカスタム依頼

下回り塗装と純正アルミの塗装、タイヤ交換

3㎝リフトアップの依頼

この辺りの作業はご予約頂ければ日帰りでOKです。

弊社販売の新車カスタムは一部部品が未入荷ですので、

揃ってから一気に進める予定です。

 

販売車輌入庫のお知らせです。

平成29年10月に弊社で製作、納車したJA22ジムニー。

余計な事は一切してませんが、不思議と格好良いですね。

あらためて、JA22ジムニーのデザインって素晴らしいなと思います。

見た目はおとなしいですが、中身は当然しっかりやってあります。

詳しくはこちらから。

お問い合わせお待ちしております。

梅雨入り 作業状況 ハイラックス ECU修理 ジムニー エンジンオーバーホール 納車御礼

いよいよ梅雨入りですね。

トラブルが続き、作業が思うように進んでおりません。

JA11はエンジン1度搭載したものの、訳あって再度降ろすことになり。

修正してやっと作業完了しました。

ハイラックスの圧縮不良はエキゾーストバルブの割れが原因でしたが、

交換して組んでいざキーをひねってもエンジンが掛からない。

一通りチェックしなおして、もしやと思いコンピューターを開けてみると

コンデンサーの液漏れ、一部プリント基板の焼け。

コンデンサー交換、基板修正してようやくエンジン始動しました。

90年代の車もそろそろコンピューターが怪しい車は多くなってきましたね。

 

そんなこんなで、やっと次の作業に着手しております。

現在、持ち込みでのエンジンオーバーホールが2台作業中です。

走行距離が少ない車の弊害

年数に対して走行距離が少ない個体は、乗らずに放置されていた期間があったのでは?

という可能性が考えられます。

放置のせいか、単純に水の管理が悪かったせいか分かりませんが、

ライナーのサビが酷いです。

打ち換え確定です。

塗装作業も進めております。

 

納車御礼

オールペンとフルコンハーネス引き直しとその他諸々でお預かりしていたJA11ホロジムニー

やっと作業完了して納車となりました。

 

ハイエースも嫁ぎ先が決まりました。

車検登録などはお客様自身でやっていただくことになり、

東京の自宅へお届け。

なんか見たことがある景色だなと思ったら、

ちょうど2年前にジムニーをお届け納車して、つい最近車検で預かったお客様の超近所でした。

このハイエースはその後、なんとお客様の仕事場の沖縄へ送られるそうです。

ありがとうございました!

 

マルチトラックレコーディングについて悩む TEAC オープンリール

楽曲を創作するようになると、しっかりとした音源にして残したいと思うのは当然の流れであります。

で、どのように録音するか、という話になるのですが。

 

現在、原作アイディアをバンドメンバーに聞いてもらうためのデモはこれで録ってます。

ヤマハのカセットMTR、MT4X。

かれこれ20年近く使ってますが、調子良いです。

最近ではハイポジのカセットテープ入手が難しくなりましたが、

ノーマルでも一応使えます。

ドラムはマイク1本で1トラックへ、ギターとベースを重ねて、デモテープレベルであれば4トラックで十分です。

しかし、バンド演奏をしっかり録音するとなるとトラック数が到底足りません。

 

昨今ではPCでの録音が主流なのは勿論承知しております。

インターフェイス機能のついたミキサーを購入し、ソフトをインストールしてみましたが、

デジタル音痴の私はさっぱり使い方が分かりません。

で、次に候補に浮上したのが、デジタルMTR。

今のバンド構成でセッションを一発録りするとなると、同時録音トラック数は最低8トラック以上欲しいところ。

ZOOMのR16、R24、TASCAMのDP-24SD、DP-32SD辺りが8トラック同時録音可能。

それ以上を求めるとTASCAMのModel 24が良さげですが、お値段もそこそこ。

あれこれ悩んでいたところでしたが。

 

ある日、息子がオープンリールレコーダーを買ってきました。

得意の、ハードオフジャンク品コーナー。

当然のごとく壊れていましたが、故障したオーディオを修理するという変わった趣味を持つ息子15歳、見事に直して甦らせました。

録音した音を聞かせてもらいましたが、これがまたいい音なんです。

そうなると当然気になるのが、オープンリールのマルチトラックレコーダー。

デジタル録音普及以前は、プロの現場で当たり前に使われていました。

 

で、見つけてしまいました。

TEACの80-8。

当時の価格は80万円(!)

この価格で業務用ではなく民生用だというから驚きです。

実際、プロの現場でも使われていたとか。

動作確認なしのジャンク扱いで格安ゲットしました。

買ってから気付いたのですが、入力はライン入力です。

ということはマイクプリアンプは無し、ミキサーが別で必要になります。

入力8チャンネル以上のミキサーは珍しくありませんが、出力が8チャンネルもあるミキサーはあまり見かけません。

しかし、発見しました。

同じくTEACのMODEL3。

まさに80-8と組み合わせて使う用に作られたであろう構成のミキサーで、

各チャンネルにラインアウト端子があります。

当時の価格20万円(!)

総額100万円相当の機材を手に入れてしまったのでした。

レコーダー、ミキサー共に調整は必要ですが、どうにか使えそうです。

思わぬ誤算が、1/2インチ幅のテープがとても希少で、1本2万円前後もするということ。

(一般的なオープンリールテープは1/4インチ幅)

無駄に高い録音になりそうです。

それこそ、録音スタジオでエンジニアつきで録音が頼めてしまう金額です。

でもきっと、アナログ録音ならではの温かみのあるサウンドで録音できるはず。

楽しみです。

TOKAI製と思われるレスポールレプリカ 痛恨のネック折れ トーカイ LS JAPAN VINTAGE

謎のギブソンレスポールレプリカ。

詳細不明のまま入手しましたが、数あるコレクションの中で一番気に入っている1本です。

ヘッドインレイはギブソンになっていますが、ギブソン製ではありません。

ペグがTOKAI刻印入り

ボディー、ネックの形状

基板サーキット

以上の点からベースはTOKAI製ではないかと思います。

TOKAI製だとすれば、シリアルナンバーからの製造年は1980年。

トーカイLSシリーズの絶頂期です。

そうなると気になるのが元のグレードですが、

ネック角度

フレットエッジドバインディング

(フレット打ち替えでバインデジングは削られてます。)

1ピースマホガニーバック

ラッカー塗装

以上の点からLS80以上かと思われます。

ピックアップはゴトー製PAFが搭載されており、

LS100以上に搭載されたディマジオピックアップをわざわざゴトー製に変更するのは考えずらいです。

また、トップのメイプルも綺麗なフレイムパターンが出ているものの、センターブックマッチではありません。

となると、元グレードはLS80である可能性が高いです。

それにしても、なんとも美しいTOPの杢目、色合い。

上級グレードの整った虎杢よりも、こういった感じのちょっと不規則なフレイムスの方がリアルバーストっぽくて好みです。

同年代のLS80をもう一本持っていますが、木目は全然違います。

同じ金額でここまで違う個体があったのでしょうか?

謎が多いギターです。

当時のカタログではLS80にはレモンドロップの設定は無いようです。

バックのマホガニー部分は比較的濃い色であることから、トップのみリフィニッシュされている可能性が高いです。

トップのメイプルはラミネートではなく無垢材です。

でもここを見てしまうと、リフィニッシュではないような…

当時の最高級モデルのLS200はピックアップやサーキットまで完全オーダーメイドだったようなので、その可能性も捨て切れませんが。

どなたか詳しいマニアの方、何かご存知でしたら情報頂けるとありがたいです。

見た目も音も良くてとても気に入っていたのですが、

なんと!

つい先日、ネックを折ってしまったのです。

 

スタンドに立ててあったのですが、絡んでいたシールドを横着して引っ張ったら、

スタンドごと倒してしまったのです。

ギターは正面から床に。

絶叫しました。

裏面から打ったのならまだしも、正面からの衝撃でパックリ。

折れた、というよりも裂けた、割れた、という表現の方が正しいかもしれません。

このネックの弱さは、レスポールタイプの宿命かもしれません。

通常、ネックの材はネックと平行に木目をとります。

ヘッドに角度がつけばつくほど、その部分の強度は落ちます。

その対策で、近年のものではヘッドと平行に目取りしてあるものも多々見受けられます。

これは、90年代のバッカス製。

こちらは最近のトーカイ。

どちらもヘッドに対して平行の木目になるよう削りだされています。

 

くよくよしていても仕方ありません。

治します。

次へ続く

 

 

 

 

 

新バンド結成 ギターリメイク途中経過

ご無沙汰しております。

久々の音楽ブログ更新でございます。
私事ではございますが、少し前から新たにバンドをやりはじめまして。
当初は自分一人で音楽製作しようかと模索していたのですが、
ギター以外の楽器は多少はできるものの、人様に聴かせられるほどの腕前でもなく、
打ち込みも苦手分野。
そして、やはりバンドにはバンドの醍醐味があります。
最初にJAZZ好きドラマーさんと出逢い、
(ご近所でビックリ!)
次にベーシストが見つかり、
(歳は離れているものの出身中学が私と同じでビックリ!)
さらに遠く浜松市から女性ボーカルさんも参加してくれることになり、
(後から知ったのですが別ユニットで精力的に活動されていて、つい先日も某有名野外フェスに出演したみたいでビックリ!)
そしてキーボーディストも見つかり
(自分が出したくても出せなかった音を軽々と演奏してしまう事にビックリ!)
最後にトランペッターが加入決定。
(なんと香川県出身でビックリ!)
皆さんそこそこのスキルをお持ちで、大変刺激になります。
現在、数曲並行して製作中。
なかなか格好良い曲に仕上がりつつあり、自分自身ゾクゾクしております。
近い将来、音源にして公表したいと思いますのでお楽しみに。
さて、お預かりしているギターのリメイク作業。
お言葉に甘えて大変お待たせしてしまっていますが、徐々に進んでおります。
元の塗装を剥がすのが大変難儀でありました。

とにかく、塗装が分厚くて硬い。
かといって本体は柔らかい木材ですので、あまり強引な手は使えません。
無数に開いたネジ穴は埋めました。

ただ、依頼のあったスイッチ穴埋めはこちらの判断で止めました。
後々ヒビ割れしてしまう可能性が高いためです。
バインディングをマスキングして、サフェイサーを吹きます。
導管を埋めるシーラーの代わりです。

後で削るのでたれようが気にしません。
ある程度研ぎ終わった図。

いい感じの肌に仕上がってきました。
木目が完全に消えきっていないのが、かえっていい感じです。
上塗りが楽しみです。

セミアコリフィニッシュ作業状況

更新ご無沙汰しております。

さて、ご依頼頂いておりますリフレッシュ作業ですが、
少しずつですが進んでおります。
当初は元の塗装の上からソリッドホワイトで再塗装してしまおうという計画でしたが、
色々考えた挙句にそれはあまりよろしくないという結論に至り、
結局元の塗装を剥がしはじめてます。
その主な理由はボディーエッジのバインディングの処理です。
バインディングまで塗りつぶしてしまうのはあまりにいけてないと思いますのでマスキングで残すのですが、劣化して黄ばんだクリアーが残ってしまうのもイマイチですし、境目はクリアーの上にカラーコートが乗ることになるのでそれも嫌だなと。

そして、楽器の塗装は薄ければ薄いほうが望ましいです。
分厚いポリウレタン塗装のうえにさらに重ねて塗るのは気が引けます。
ということで、剥がします。
クリア層を剥がすと白いバインディングが現れます。

樹脂自体の黄ばみではなくクリアーの黄ばみであったことが分かります。
側面はバインディング自体のひび割れも見られますが、これは仕方がありません。
あらかた剥がし終わりました。
あとはネックも剥がして、不要なネジ穴を埋めれば塗装に入れます。

オーナー様もうしばらくお待ちください。

祝初ご成約!お買い上げありがとうございます バッカスハンドメイド リミテッド

はるばる大阪からお越し頂きましたM様。

弊社サイトで唯一在庫として掲載しておりました、

Bacchus hand made bass limited 2002 hollow4。
ご成約頂きました。
たまたまWEB上で発見され、好みがドンピシャだったようで。

でも在庫はこの1本のみだし、住所を調べたら車屋だし、何?と少々不安だったようですが、
メール問い合わせの後にご来店、試奏して決定されました。
ベースをアンプに繋ぎ手渡して、一音目を弾いた瞬間に、

(あ、この人弾けるな。)
とすぐに感じました。
音色を決定づける要素は楽器、機材による部分も勿論あるのですが、
最終的にはプレイヤーによる「弾き方」です。
いくら良い楽器でも、下手なプレイヤーはその本質を引き出せません。
期待を裏切らず、素晴らしいフレーズを奏でるM氏。
ジャコパスがお気に入りのようで、普段はフレットレスをメインで使っているそうで。
我慢できなくなり私もギター、後にドラムスで参戦。
仕事を忘れ、久々に楽しいセッションを堪能させて頂きました。
こちらはリフィニッシュ前の画像です。

元は良い楽器なのですが、少々残念な状態。
オイルフィニッシュは導管にまで塗料が浸み込んでいますので剥がすのが大変です。
やっと綺麗に剥がし終わった状態。どうフィニッシュしようか悩みましたが、素材の良さを生かすべくナチュラルオイルフィニッシュに。
サーキットはバルトリーニ。
フレットは時間をかけて丁寧に擦り合わせしました。

愛情かけて再生した楽器が嫁いでしまうのは少々名残惜しいものがあります。

好きな事を仕事にしてしまった故の宿命ですね。
しかしまだまだ在庫はあるので売らなくては。

本業の合間を見ながらなのでなかなか進みませんが。
さて、実ははじめてリフィニッシュのお仕事も頂きました。

弊社でお車をご購入頂いたM様
なんでも初めて購入したギターだそうで、思い入れがあるそうです。
大切なギター、甦らせます。
© 2022 ジムニー専門店 SCM EXPERIENCE 店長ブログ, All rights reserved.