プリンスグロリア A30 タテグロ のレストア

 

今日はジムニーの話題から離れて、プリンスグロリア タテグロのお話です。

 

以前からブログにも書いたりしてましたが、

私共、ジムニー専門店としてお仕事させて頂いておりますが、

ジムニーオンリーな人達ではありません。

こういった国産旧車も好きなジャンルのひとつです。

昨今の旧車高騰もあり、

「今買わないと二度と買えない!」

という強迫観念に駆られて仕入れた車が数台在庫としてあります。

 

その中で、1台目で着手しましたのがこちらのグロリアです。

すこし前にジムニーの仕事が部品入荷待ちであったり加工待ちであったりで

時間が空いた時があり、その時に作業を進めました。

 

グロリア タテグロ A30 プリンスグロリア 旧車レストア

A30系 3代目グロリア 通称タテグロ

日産とプリンスが合併後の発売ですが、合併前にプリンスにより開発が進められたプリンス血統最後のグロリアです。

その後のグロリアはセドリックとバッジ違いの兄弟車となってしまいました。

 

タテグロは個人的に好きな車のひとつ。

タテグロという通称名の由来はもちろん縦目4灯のヘッドライトです。

キャデラックやポンティアックの縦目がモチーフと言われてますが、

それらよりもずっと洗練されたデザインだと思いますし、

これで5ナンバーだというのが信じられません。

 

現車は、前期のPA30型。

前期はプリンスG7エンジンですが、部品供給が悪く後期のL20エンジンに載せ換えられることが多いです。

この車もL型に載せ換えられていましたが、不動という状態。

ボディーは致命的な腐食がないので、ベースにはちょうど良い個体です。

 

まずはエンジンのオーバーホールから着手しました。

ベースは、別の車から降ろしたL20。

グロリア タテグロ A30 プリンスグロリア 旧車レストア L型 L20 L28 オーバーホール

ピストン、クランクはノーマルをそのまま使用。

シリンダーホーニング

ブロック上面面研

ヘッド面研

カムホルダーマウント面研

ピストンリング、メタル、タイミングチェーンなど消耗部品は全て新品に交換

グロリア タテグロ A30 プリンスグロリア 旧車レストア L型 L20 L28 オーバーホール

ヘッドカバーはハンドポリッシュ仕上げ

グロリア タテグロ A30 プリンスグロリア 旧車レストア L型 L20 L28 オーバーホール

エンジンを降ろして、補機類を移していきます。

グロリア タテグロ A30 プリンスグロリア 旧車レストア L型 L20 L28 オーバーホール

グロリア タテグロ A30 プリンスグロリア 旧車レストア L型 L20 L28 オーバーホール

キャブレターもオーバーホール。

フューエルラインを塗ったり、サーモケース磨いたり、インマニはサンドブラストかけたり、

機能面だけでなく、「ボンネットフードを開けたときの満足感」

も大事だと思ってます。

グロリア タテグロ A30 プリンスグロリア 旧車レストア L型 L20 L28 オーバーホール

旧車で不安要因となるのが、電気ハーネス。

被覆は劣化しショートの原因となりますし、

金属部は酸化し抵抗や接触不良となります。

ヘッドライトが暗いとか、

電装品が動かないとか、

最悪の場合、ショートして車輌火災の原因にも。

 

元のハーネスを丁寧にばらして、

あらたに作り直します。

ここで、本業が忙しくなってしまい作業は一旦ストップ。

ここから先は、オーナーさんが決まってからお好みで製作したほうが良いかな、と思います。

 

エンジンが降りた状態なのでエンジンルーム内も塗れます。

で、何色に塗るの?ってなったときに、

オーナーさんが決まれば指定の色で塗れます。

ボディー色の好みなんて皆違うので、

こちらの好みで塗ってしまった後にあ~あとなっては遅いです。

 

ボディーレストアの際に鬼門となるのがゴムウェザー部品を入手できるかどうかです。

当然、メーカー純正は廃番です。

新品が用意できない場合はマスキングで再利用するしかありませんが、

今秋頃には受注生産のリプロ新品が手に入りそうです。

 

内装の張替えやクーラーの取り付けも可能です。

 

歴史に残る名車のプリンスグロリア。

ピッカピカで、機関もバッチリなタテグロオーナーになりませんか?

お問合せ ご注文 お待ちしております。

 

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

 

長期でお預かりしていたアルトワークスの作業がやっと完成しました。

前回はボディーのオールペンでしたが、

今回はエンジンのオーバーホールとエンジンルーム内のペイントが主な仕事。

HB21S K6A搭載の4WDです。

いきなりエンジンオーバーホールでつまづきます。

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

元々積まれていたエンジンは1度開けられた形跡があり、

ライナーにガタつきがあり打ち換えるにも不安な状態。

中古でドナー用として別エンジンを買ったものの、

そちらはクランクに曲がりあり。

JA22用のK6Aを使うという手もありますが、

クランクウェイトなどの違いからフィーリングが変わってしまう恐れがあります。

アルトワークス用の中古エンジンは極端に数が少なく後がないので、

後から買ったブロックに元々のクランクを組み合わせることにしました。

しかしそれが大変。

K6Aはクランクやブロックの個体差によって数種類のサイズのメタルが存在しますが、

一番厚いメタルを選んでもクリアランスが大きすぎる。

そこで、クランクケース自体を薄く面研するという、通常ではやらない加工をすることに。

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

無事に組みあがったエンジン。

WPCやラッピング加工もしてあります。

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

エンジンルーム内の塗装です。

エンジンを降ろしたといっても、

邪魔な補機やハーネス、配管は沢山ありますので

出来る限り外します。

同時にサビも落とします。

これはエンジンを降ろしたタイミングでしかできません。

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

ボディーと同色のソリッドブラックで塗ります。

もちろんクリアーも入れます。

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

組みあがったエンジン。

ヘッドカバーは社外ラジエターに合わせてキャンディーブルーに塗りました。

エキマニやタービン、インタークーラーなど社外品も多数。

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

そして、搭載。

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

フードを開けるのが楽しみなエンジンルームに仕上がりました。

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

今回、ボンネットフードも純正からスズキスポーツ製に変更しました。

今となっては希少な絶版品だそうです。

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

同年代のジムニーでも廃番部品が増えてきましたが、

アルトワークスに関してはさらに壊滅的。

あんな部品やこんな部品までもが廃番。

維持していくのは大変ですが、愛車との絆は一層強くなるでしょう。

オーナーさん、あと10年は乗りたいとおっしゃってました。

私共もできる限りサポートいたします。

ありがとうございました。

作業状況 板金塗装とか防錆塗装とか遠方引き取りとか

先日のブログで自家製タコスを掲載しましたが、

それをご覧になったお客様がトルティーヤチップスを買ってきてくださり、

とてもおいしかったです。

ありがとうございます!

 

さて、今年も松を発芽させました。

お客様から頂いたミカンから出てきた種も、発芽しました。

雑草も、花を咲かせてます。

お仕事状況です。

アルトワークスは無事エンジン始動。

シャッターで潰してしまったルーフの修理。

通常であればルーフパネル交換レベルのへこみかたでしたが、

叩いて、パテ塗って、削って、の繰り返しでようやく形になってきました。

これだけ範囲が広いとパテ研ぎも大変!

並行して次のオールペン下地作りに入ってます。

愛知県N様オーダー分です。

ノックスドール防錆塗装のご依頼です。

ノックスドールのUM1600は最強の防錆塗料と言われていますが、

半硬化タイプですので永遠に乾ききらず、ベトベトした状態で始末が悪いです。

そこで、弊社では独自の方法で施工してます。

詳しくはこちらに書きました。

遠方引き取り

東京行って、

次の日は長野

皆さまご依頼ありがとうございます。

ゴールディンウィークあけ!ここ最近の納車御礼

今年は5/2~5/9までお休みしました。

(事後報告)

ひさびさのブログ更新となってしまいましたが、

納車御礼の記念写真がだいぶ溜まってましたので、ご紹介いたします。

 

富士宮市 S様 シボレー K5ブレイザー

ボディーはやれてますが中身は調子バッチリ。

リフトアップされていない個体もまた希少です。

ありがとうございます!

 

愛知県 T様

ジムニー JA22

弊社製作車輌のリメイク販売です。

ありがとうございます!

富士宮市 S様

同じくSCM製作車輌のリメイク販売

ありがとうございます!

富士市 A様

ジムニー JB64 新車

カスタム予定ですが、部品揃わずで一旦ノーマルで納車。

もうしばらくお待ちください。

富士宮市 F様

ジムニー JB64 新車コンプリート

前後SCMカスタムスチールバンパー

2インチリフトアップ

XC純正AWブラックペイントにBFグッドリッチ KO2

下回りは特製防錆塗装

リヤ 特注スプリング+エアーショックで車高調整可

マフラーはアピオ製

ありがとうございます!

 

神奈川 H様

車輌持ち込みでのレストア作業

製作過程は度々ブログに載せてきましたので割愛します。

ぱっと見、綺麗なごく普通のJA11ジムニーですが、

作業過程は壮絶なものでした。

大変お待たせいたしました。

ありがとうございます!

 

函南町 M様

ジムニーJA12 持ち込みリフレッシュのご依頼

本当はボディーのオールペンまでご希望されていたのですが、

作業待ちでしばらく着手できないのでエンジンオーバーホールなど機関のリフレッシュをさせて頂きました。

ありがとうございます!

沼津 ポートタウンパーティー PORT TOWN PARTY 2022

9回目にして初エントリーとなりました、沼津港 PORT TOWN PARTY。

私共はタテグロバンとシェビーワゴンで親子エントリーしました。

で、隣のゴールドのPONTIAC  CATALINAのオーナーは息子と同い年の19歳でして、

最近仲良しでカークラブを結成するとか。

HOT ROD  CUSTOM業界も高齢化が進み、

このイベントの界隈も最若年が30代後半だったそうです。

古い車を維持するのは何かと大変ですが、頑張ってもらいたいものです。

大変以上の楽しさもありますしね。

 

今回驚きだったのが、約20年ぶりに同じ中学の同級生と再会できたこと。

黒のFORDのHOT ROD、一度富士市内ですれ違ったことがありましたが、

まさか同級生がオーナーだったとは!

たしか最後に話をしたのが二十歳くらいの時で、当時HOTRODやKUSTOMが好きだと話してましたが、

それからこの道一筋で、このFORDもペイント以外は全て自分で仕上げたそうです。

自身でOHしたフラットヘッドエンジンをはじめ各所トラディショナルな手法でまとめられ、

派手さはありませんが分かる人が見ればおぉ!となる車。

流石です。

 

車は知っていても、オーナーさんの顔は分からずでお話できず。

が多数。

最近よくすれ違うインパラワゴン

こちらは自宅近所に置かれているインパラ

その他、SNS上で車は知っているけどお話できなかった人もちらほら。

エントリーしてなかったけどお会いできた人もいたり。

 

同じ年式の車は気になるものです。

仕上げ途中と思われる54chevyはなんと女性オーナーでした。

こちらはラディカルな手法でカスタムされた54Chevy

 

自分の64シェベル2ドアワゴンも仕上げたいな。

以下、写真沢山撮りましたので画像でお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店長不在のお知らせ PORT TOWN PARTY

本日4/17は沼津港で開催されますPORT TOWN PARTYにエントリーのため、

私は夕方まで不在となります。

店舗はスタッフ1名しかおりません。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

春爛漫 桜とくるま

この前のお休みの日に、桜を見に行ってきました。

ちょうど満開の見頃でした。

我が家のタテグロバン 藍色と桜がお似合いで。

グロリア タテグロ タテグロバン VPA30 VHA30

グロリア タテグロ タテグロバン VPA30 VHA30

車も心なしか嬉しそうにみえます。

グロリア タテグロ タテグロバン VPA30 VHA30

タテグロバンとジムニー

グロリア タテグロ タテグロバン VPA30 VHA30

ジムニー JB64

ジムニー JB64 JB74 ジムニーカスタム ジムニーリフトアップ ジムニーバンパー

ジムニー JB64 JB74 ジムニーカスタム ジムニーリフトアップ ジムニーバンパー

ジムニー JB64 JB74 ジムニーカスタム ジムニーリフトアップ ジムニーバンパー

ジムニー JB64 JB74 ジムニーカスタム ジムニーリフトアップ ジムニーバンパー

そして、こちらは別の日の別の場所で。

お花が似合わない車、1954 chevy 210 wagon

シボレー 54 chevy 210 wagon 1954 210wagon 54chevy

シボレー 54 chevy 210 wagon 1954 210wagon 54chevy

春はウキウキしますね!

 

Photo by Miu

納車御礼

納車御礼です。

富士市 Y様 JB74W 新車

カスタム予定を控えてますが、部品が納期未定のため一旦この状態で納車。

ありがとうございます!

 

富士市 法人顧客様 ハイエースバン

お仕事で使われているトラックが突如故障、修理見積が約60万。

走行距離も25万キロを超えていたので乗り換えをご提案。

しかし新車は納期約半年!

低走行で程度良好なレンタアップ中古車をご提案させて頂きました。

200系の新型ディーゼルは初めて乗りましたが、よく走りますね!

ありがとうございます。

 

御殿場市 K様

JB23 以前リフトアップを施工させて頂きましたが、

今回はバンパーの交換。

ありがとうございます!

 

富士宮市 G様

以前納車させて頂いたNV200 バネットバン。

あらためてオールペンさせて頂きました。

ありがとうございます!

伊東市 M様 JB64ジムニー

下回り塗装と、

フロント SCMカスタムスチールバンパー装着のご依頼。

ありがとうございます!

 

#d5szok

第五土曜日に某所で開催される夜の集い

行ってきました。

 

東部組は某所に集まってから現地までクルーズ。

現地着

静岡組も到着

いつも元気なローライダー

お、S13のコンバー!

関東方面からの参加もちらほら。

ちょっと場所移動

ポンティアックのオーナーはなんと19歳!

My Chevy 210 wagon

うちのタテグロバン。オーナー19歳デス!

寒い中、飽きることなく車談義。

同行した主婦Miu氏、全く理解できないみたいです。

All photo by Miu

旧車屋SCM、始動。

ジムニー専門店として日々ジムニーの仕事をこなすSCM EXPERIENCEですが、

実は私、ジムニーが好き過ぎてジムニー屋になった訳ではありません。

 

そもそも私が車屋になろうと思ったきっかけは、

古い車に乗りたくて、そのためには自分で車を触れなきゃいかんと思ったから。

 

まだ学生だった頃、近所のお兄さんがしばらく見ないと思ったらインパラと共にアメリカから帰ってきて、

軒先でハイドロ屋さんをはじめ、見たこともないようなアメ車を沢山見れて、

それはそれはカルチャーショックでした。

ちょうどローライダーだけでなくKUSTOM文化も浸透しつつあり、

古い車に対する憧れが強くなります。

でも、古い車は当然壊れる。

その都度車屋さんに頼んでいたらいくらお金があっても足りない。

それなら、自分で直せるようになるしかない。

 

そこで自動車整備の職業訓練校に入り、整備を学び、

なぜか営業としてディーラーに就職して、

買い取り屋に転職して、

独立してジムニー屋になり、今に至ります。

 

本当に好きなアメ車や旧車屋さんではなく、ジムニー屋さんになったのは色々理由があったのですが、

旧車に半分足を突っ込んだ旧型ジムニーを扱ってきたことにより

旧車を扱える体制が見事に整いました。

エンジンオーバーホールを自社内でできる技術と設備を得て、

 

塗装は外注で納期や仕上がりや価格で散々嫌な思いをし、

それなら自分でやってしまえ!と自らが塗装工になりました。

 

どちらも外注に頼ろうとすると、費用的にも納期的にも困るし、嫌がられる仕事です。

 

夢に向けて遠回りしたようで、実は遠回りではありませんでした。

 

今までもちょこちょことジムニー以外の旧車を販売してきましたが、

まあまあ綺麗な個体を仕入れ、軽く整備だけして販売するというスタンス。

そうではなく、ボディーレストアからエンジンまできっちり手を入れた旧車を自社でプロデュースしたい。

そうです、今弊社がJA系ジムニーで主に行っている仕事の旧車版です。

 

ここ数年、旧車の価格上昇に焦りを感じ、何台か仕入れてストックしてあります。

ジムニーの仕事が忙し過ぎてなかなか触れてませんが、

腐らす訳にもいかないので合間を見て仕上げていきます。

在庫一覧はこちらから

 

「古い車は壊れる」

そう認識されている方は多いと思います。

故障が怖くて、乗りたいけど踏み切れずにいるという方も多いでしょう。

 

確かに、古い車は壊れます。

でもそれは、新車当時からどこそこ故障していた訳ではありません。

年数が経ち金属は酸化しゴムは硬化しプラスチックはもろくなり、

走行を重ねて摺動部は摩耗し、エンジン内には汚れが蓄積し、

結果、色々な部分が故障するのです。

 

そういった部分を先に対処してあげれば、古い車だって壊れません。

当然最初にお金は掛かりますが、

いつ止まってしまうのかビクビクしながら乗るのは嫌ですよね。

 

古くてもある程度安心して乗れる車

うちは旧型ジムニーをそんなコンセプトでずっと作ってきましたし、

それは車種が変われど同じです。

 

近日、製作をはじめたストックカーをご紹介いたしますので、お楽しみに。

 

 

こちらは、以前所有していた1965年のベルエアワゴン。

ボディーを仕上げてもらおうとボディーショップに預けて、

1年以上屋外で放置されて仕方なく引き上げ。

最終的にはオークションに出してしまいましたが、

今だったらきっちり仕上げてやれたかな。

 

最近はこいつで楽しませてもらってます。

 

© 2022 ジムニー専門店 SCM EXPERIENCE 店長ブログ, All rights reserved.