ジムニースーパーラップ 行ってきました。

時は先日の11月23日、ジムニーでオンロードサーキットを走るという異色のイベント、

ジムニースーパーラップに参加してきました。

募集締切一日前にイベントを知り急遽参加決定、

そこから準備の強行スケジュール。

仕事の合間にコツコツ準備を進めました。

 

出走の弊社テスト車輌、以前はこんな状態。

前後バンパーは試作のため外され、なんとも恥ずかしい状態。

ここからとりあえず純正バンパーを装着して、

ガタが出始めていたフロントハブ周りをオーバーホール。

さらにブレーキキャリパーもオーバーホール。

色々と結構ひどい状態でした。

ローターは研磨して、パッドも交換。

サスペンションは以前はノーマルスプリング+GABショックの組み合わせでしたが、

乗り心地は良いのですが柔らかすぎてロールが大きい。

ダウンサスも候補に上がりましたが、フルバンプ時にオイルフィルターを潰してしまうリスクがあったので

リフトアップスプリングをカットして調整。

クローズドサーキット仕様ということで、ストレートフロントパイプを用意。

空燃比センサーを取り付けました。

 

タイヤはレースをやっている知人に相談したところ、

「86のレースで一回だけ使ったいいのがありますよ~!」

ということで、格安で譲ってもらいました。

ポテンザのRE-12D、205/55r16です。

ここまで仕上がったのが、前日の金曜日。

しかも生憎の大雨。

サスとタイヤのフィーリングをつかみたかったのですが、危険なので諦めます。

燃調セッティングもやりなおしたかったのですが、これも危険なので断念。

(燃調セッティングは5速全開まで行うのが基本と考えます。)

 

そして迎えた当日。

行きの道中で燃調をリセッティング。

途中の海ほたるにて。

やっと茂原ツインサーキットへ到着。

主催レインボーオートさんのデモカーとご対面です。

ただならぬオーラを感じます。

雑誌で見たことがある有名車も展示されていました。

弊社のJB64デモカーも展示させて頂きました。

ここから先は画像はあまりありませんが、

はじめて自分のジムニーでサーキットを走ってみた感想。

まずエンジンパワーですが、そこそこのパワーが出ているのは実感しました。

しかし残念ながら、そのパワーを使いきれない。

コーナーで内側タイヤが浮き駆動が逃げ空転してしまい、踏み切れないのです。

LSDの必要性を実感しました。

 

タイヤのグリップは流石レース用タイヤ、恐ろしく喰います。

レインコンディションなのにしっかりグリップします。

無理な突っ込みをすると横転しそうになります。

何度か2輪走行になりひやっとしました。

 

サスペンションセッティングも難しいですね。

現状ですと正直、怖いです。

 

結果はこちら。

トップタイムは1分切りでしたので、約10秒の差がついていることになります。

これは悔しいですね。

来年に向けて、課題ができました。

やるからにはトップを狙いたいところです。

 

動画作りました。
こちらからご覧ください。

最後に、

主催のレインボーオート代表の横尾さん、当日なんと盲腸を患われていたそうで、

それを全く感じさせない笑顔の対応には本当に頭が下がります。

こんなに楽しい催しをありがとうございました。

一日も早いご回復を心よりお祈り申し上げます。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう