アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

 

長期でお預かりしていたアルトワークスの作業がやっと完成しました。

前回はボディーのオールペンでしたが、

今回はエンジンのオーバーホールとエンジンルーム内のペイントが主な仕事。

HB21S K6A搭載の4WDです。

いきなりエンジンオーバーホールでつまづきます。

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

元々積まれていたエンジンは1度開けられた形跡があり、

ライナーにガタつきがあり打ち換えるにも不安な状態。

中古でドナー用として別エンジンを買ったものの、

そちらはクランクに曲がりあり。

JA22用のK6Aを使うという手もありますが、

クランクウェイトなどの違いからフィーリングが変わってしまう恐れがあります。

アルトワークス用の中古エンジンは極端に数が少なく後がないので、

後から買ったブロックに元々のクランクを組み合わせることにしました。

しかしそれが大変。

K6Aはクランクやブロックの個体差によって数種類のサイズのメタルが存在しますが、

一番厚いメタルを選んでもクリアランスが大きすぎる。

そこで、クランクケース自体を薄く面研するという、通常ではやらない加工をすることに。

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

無事に組みあがったエンジン。

WPCやラッピング加工もしてあります。

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

エンジンルーム内の塗装です。

エンジンを降ろしたといっても、

邪魔な補機やハーネス、配管は沢山ありますので

出来る限り外します。

同時にサビも落とします。

これはエンジンを降ろしたタイミングでしかできません。

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

ボディーと同色のソリッドブラックで塗ります。

もちろんクリアーも入れます。

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

組みあがったエンジン。

ヘッドカバーは社外ラジエターに合わせてキャンディーブルーに塗りました。

エキマニやタービン、インタークーラーなど社外品も多数。

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

そして、搭載。

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

フードを開けるのが楽しみなエンジンルームに仕上がりました。

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

今回、ボンネットフードも純正からスズキスポーツ製に変更しました。

今となっては希少な絶版品だそうです。

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

アルトワークス エンジンオーバーホール HA21 HB21 K6A

同年代のジムニーでも廃番部品が増えてきましたが、

アルトワークスに関してはさらに壊滅的。

あんな部品やこんな部品までもが廃番。

維持していくのは大変ですが、愛車との絆は一層強くなるでしょう。

オーナーさん、あと10年は乗りたいとおっしゃってました。

私共もできる限りサポートいたします。

ありがとうございました。

納車お礼

納車御礼です。

ジムニー JA22 下田市 K様

弊社製作車輌の再販です。

ありがとうございます!

ジムニー JA22 長野県 K様

こちらも弊社製作車の再販。

ありがとうございます!

神奈川 K様 エブリーバン

以前、弊社でジムニーをご購入された顧客様。

次の車のお探しも弊社にご用命頂き感無量です。

お時間掛かってしまいましたが、理想の1台をセレクトさせて頂きました。

ありがとうございます!

 

静岡市 Y様 JA22ジムニー オーダー製作

大変お待たせいたしました!

女性オーナーさんです。

ボディーカラーはフィガロの純正色。

内装もかわいらしくまとめました。

ありがとうございます!

ご無沙汰してます。作業状況いろいろ

ご無沙汰しております。

ここ最近、謎の体調不良に悩まされていましたが、

ようやく回復してきました。

普段は病気になることなど滅多にない私ですが、

たまに体調を崩すと健康の有難さを実感しますね。

 

疫病退散のはずの祭りですが、

疫病により中止が続きました。

今年はようやく再開。3年ぶりの吉原祇園祭でした。

 

作業状況です。

地味な作業が続きます。

ルーフの補修 やっと終わりました。

 

ちょっと変わった作業の依頼です。

ディーラーにタイベル交換を依頼したらクランクプーリーのボルトが折れてしまい、

エンジン載せ換えになる、と言われたとのこと。

で、なんとかならないか?と。

ディーラーさん、そのくらい自分でなんとかしてよ~っていうレベルの話ですが、

長野まで引き取りに行き、引き受けました。

折れたボルトを抜くのはまあまあ大変な訳でして、

プーリーもガタガタになっていて、

これ、人災じゃない?ってレベルでしたけど

無事に走行できるようになってなによりです。

 

地味な作業は続きます。

私が乗っていたJA22は嫁ぎ先が決まり、

自分がぶつけてしまったへこみ(あまり身に覚えがない)の補修。

オーダー製作のオールペンはサフェまで入りました。

 

JA11 F6A SOHCからDOHCへ換装のご依頼です。

エンジン自体は加工なしボルトオンで載るのですが、

周りが大変。

元々の油圧パワステはスペースの都合で使えなくなるので、

JA22用の電動パワステを移植します。

エアコンも使いたいのですが、色々違うので悩み中。

エンジンを搭載してからはラジエターやインタークーラーなど悩みは尽きません。

作業状況 板金塗装とか防錆塗装とか遠方引き取りとか

先日のブログで自家製タコスを掲載しましたが、

それをご覧になったお客様がトルティーヤチップスを買ってきてくださり、

とてもおいしかったです。

ありがとうございます!

 

さて、今年も松を発芽させました。

お客様から頂いたミカンから出てきた種も、発芽しました。

雑草も、花を咲かせてます。

お仕事状況です。

アルトワークスは無事エンジン始動。

シャッターで潰してしまったルーフの修理。

通常であればルーフパネル交換レベルのへこみかたでしたが、

叩いて、パテ塗って、削って、の繰り返しでようやく形になってきました。

これだけ範囲が広いとパテ研ぎも大変!

並行して次のオールペン下地作りに入ってます。

愛知県N様オーダー分です。

ノックスドール防錆塗装のご依頼です。

ノックスドールのUM1600は最強の防錆塗料と言われていますが、

半硬化タイプですので永遠に乾ききらず、ベトベトした状態で始末が悪いです。

そこで、弊社では独自の方法で施工してます。

詳しくはこちらに書きました。

遠方引き取り

東京行って、

次の日は長野

皆さまご依頼ありがとうございます。

売り物件2台ご紹介 JA22 JB23 ジムニー

私、車は色々好きですけど、

一応ジムニー屋さんなものですからジムニーは当然好きなのでして、

自分用にスペシャルなジムニーを作りたいと思うのは当然の流れであります。

こちらのオレンジのJA22、ちょうど2年前のGW辺りで塗って、

その後自分でどうしたいのか方向性が定まらず、そのまま放置してしまいました。

今年のGWにようやく重い腰を上げ、作業を再開。

仕事上、お客様の車で必要になった部品を取られてしまったりで

欠品部品も多いのですが、地道にやっていきます。

 

そんな中、顧客様より買い取りさせてもらった、こちらのジムニー。

普段でしたら即売りに出すところですが、

動くJA22が1台欲しかったので、自社登録してしばらく乗っていました。

このたび、オレンジ号に本腰を入れるため、こちらの個体は手放すことにしました。

 

売り出しにあたり、各所化粧直し。

この車は約8年前にオーダーで製作して、

令和2年2月に別のオーナーの手に渡り、

令和3年6月に手放され買い取り入庫したものです。

車検などメンテナンスも遠方から毎回入庫されてましたので、

オーナーさんや車とのつきあいも長く、思い入れがありますね。

機関はほぼ一通り手が入ってますので、

何も不具合がない、完調状態のJA22の気持ち良いドライブフィールを楽しめます。

詳細はこちらからご覧ください。

どうでもいいですが、富士山ナンバー圏の方は今となっては希少な

オリンピック記念の白ナンバーをご継続頂けます。

 

もう1台、格安中古車物件のご案内。

JB23の7型です。

たまにふらっと来店されて

「なんか安いジムニーない?」

という相談を受けるのですが、

50万円前後で買えるJA22以前のモデルは

既に壊れかかっている

サビサビでどうにもならない

ような車しかありません。

おのずとJB23系がターゲットになるのですが、

高年式の低走行車は当然高い。

 

で、ディーラー主催の下取り車入札会でたまたま目に留まったこの車。

走行距離は27万キロと過走行ですが、

驚くほど程度が良いし、調子もよい。

これは買いだと。

 

実際のところ、この年数でこの走行距離を走ってきたということは

高速長距離移動が多かったことが推測されますし、

(一定速度での高速長距離巡行は車への負荷が少ない)

きちんとメンテナンスされてなければここまで乗れません。

 

私の勘に狂いはありませんでした。

走りは、言われなければ27万キロ走っている車だとは気付かないでしょう。

この車は販売してお客様に1年8カ月ほどお乗り頂きましたが、

その間ノートラブルでした。

今回、オーナー様の事情により不要となり、買い取り入庫した次第です。

詳細はこちらに載せてあります。

 

お問合せ ご注文 お待ちしております。

 

 

カレーとタコスとお仕事状況

こんばんは。

皆さま本当にどーでもいいと思いますけど、最近の我が家の食卓です。

うちのかみさん、急に多国籍志向になってしまい、

カレー粉からカレーライス作ったり

素材からタコス作ったり

タコスが作れたらタコライスにもなる訳でして、

インド、メキシコ、沖縄を旅した気分であります。

とてもおいしかったです。

 

お仕事です。

最近毎週、車検がまあまあなペースで入ってきてまして、

大きな仕事がなかなか進みませんが、

アルトワークスのエンジンがほぼ組みあがり

オーダーのオールペンも塗りあがりました。

白煙モウモウのJA11ジムニーはエンジンOHが終わりましたが、

配管内に残ったオイルを除去するのがえらいこっちゃです。

ブローバイのホースはスラッジで塞がってました。

そして、にんじんの花が咲きました。

ゴールディンウィークあけ!ここ最近の納車御礼

今年は5/2~5/9までお休みしました。

(事後報告)

ひさびさのブログ更新となってしまいましたが、

納車御礼の記念写真がだいぶ溜まってましたので、ご紹介いたします。

 

富士宮市 S様 シボレー K5ブレイザー

ボディーはやれてますが中身は調子バッチリ。

リフトアップされていない個体もまた希少です。

ありがとうございます!

 

愛知県 T様

ジムニー JA22

弊社製作車輌のリメイク販売です。

ありがとうございます!

富士宮市 S様

同じくSCM製作車輌のリメイク販売

ありがとうございます!

富士市 A様

ジムニー JB64 新車

カスタム予定ですが、部品揃わずで一旦ノーマルで納車。

もうしばらくお待ちください。

富士宮市 F様

ジムニー JB64 新車コンプリート

前後SCMカスタムスチールバンパー

2インチリフトアップ

XC純正AWブラックペイントにBFグッドリッチ KO2

下回りは特製防錆塗装

リヤ 特注スプリング+エアーショックで車高調整可

マフラーはアピオ製

ありがとうございます!

 

神奈川 H様

車輌持ち込みでのレストア作業

製作過程は度々ブログに載せてきましたので割愛します。

ぱっと見、綺麗なごく普通のJA11ジムニーですが、

作業過程は壮絶なものでした。

大変お待たせいたしました。

ありがとうございます!

 

函南町 M様

ジムニーJA12 持ち込みリフレッシュのご依頼

本当はボディーのオールペンまでご希望されていたのですが、

作業待ちでしばらく着手できないのでエンジンオーバーホールなど機関のリフレッシュをさせて頂きました。

ありがとうございます!

FORSALE SCM製作車輌 買い取り入荷のお知らせ ジムニー JA22

2台共に売約済みとなりました。

ありがとうございます!

 

弊社で数年前に製作したジムニーが2台入荷しました。

まずはJA22 5速マニュアル ブラック

詳細、画像はこちらから。

オールペン時にフロントガラスは交換したり

ステンレスヒンジに変えたり

ゴムウェザーを新品にしたり

かなりこだわって製作しました。

エンジンはフルオーバーホール済み。

各パーツの好みが分かれたり

内装が未完成だったりしますが、

そのまま乗るもよし。

自分好みにリメイクするもよし。

基本がしっかりしてますので、どうにでもなります。

 

もう1台、JA22のオートマ

詳細、画像はこちらから。

こちらは製作してからもうすぐ8年になるのですが、

その月日を全く感じさせないほど綺麗な状態をキープしてくれています。

前オーナー様の溺愛ぶり 洗車マニアぶりが伺えます。

作り手側からしても、これだけ大事に乗ってもらえると嬉しいですね。

東京のお客様ですが、車検は毎回弊社までご入庫頂いてました。

 

どちらも新規オーダー製作と比べるとかなりお買い得な価格設定となっております。

お早目にお問合せください。

 

連休前の近況報告 作業状況

4月がもうすぐ終わりですね。

例年であれば4月ってもうちょっと穏やかだった気がするのですが、

今年は特に車検の入庫が多い気がします。

年数を重ねればそれだけ顧客様も増える訳でして、

当然車検の台数も増える訳なのです。

プラスしてエンジンオーバーホールなど重整備も多数。

どうしても短期で終わる車検整備などを先に、となってしまいますが、

お待ち頂いている皆様、今しばらくお待ちください。

 

エンジンーバーホール

そこそこのペースで仕事が入ってます。

JA12のF6Aは組みあがり搭載完了。

お次はノンオーバーホールで28万キロを走破したJA11です。

マフラーからジョボジョボとオイルが出てくる状態での入庫。

分解してみると、どこそこ酷いです。

F6Aって28万キロも走れるんだ~すげー!

というよりも、

よくこれで走っていたなという状態。

オイル、冷却水の通路はいたるところで詰まっています。

その詰まりによって行き場を失ったオイルが、排気から溢れていた状態ですね。

 

JA11のF6A SOHCからDOHCにスワップ予定のエンジンも組み上げに入ってます。

クランクやカムのジャーナルにかじり傷が入ってましたので、クランクは自社で磨き。

カムは加工屋さんに磨いてもらいました。

 

塗装作業

ぶつけられちゃった、JA11の修理。

裏から手が入りずらい所ではありますが、

あの手この手で叩いて形にします。

終わり!

 

オーダー製作でオールペン準備中のJA22。

一度オールペンされた車ですが、再塗装分の塗膜は全て落とすつもりで剥がしています。

問題が発生しました。

削っていくと、ルーフに穴が。

スポイラーの穴をアルミテープとパテで塞いであったのでした。

鉄板溶接でやり直しです。

 

レストア中のJA11

最後に残した部分の塗装が終わり、

いよいよ完成が見えてきました。

ここまで本当に長かった。

オーナーさんも待ち焦がれていると思いますが、

作業している我々も感無量です。

今となっては希少な1型純正バンパーにグリル、純正色。

JA11 1型のオリジナルな姿。

今はまだ、JA11はただの低年式車のような、半分旧車のような中途半端な位置付けだと思いますが、

完全にクラシックとして世に認められるようになったら、

こういった姿がもてはやされるんだろうなと思います。

 

JB64 新車カスタム 着手しました。

まずはノックスドール下回り塗装から。

 

沼津 ポートタウンパーティー PORT TOWN PARTY 2022

9回目にして初エントリーとなりました、沼津港 PORT TOWN PARTY。

私共はタテグロバンとシェビーワゴンで親子エントリーしました。

で、隣のゴールドのPONTIAC  CATALINAのオーナーは息子と同い年の19歳でして、

最近仲良しでカークラブを結成するとか。

HOT ROD  CUSTOM業界も高齢化が進み、

このイベントの界隈も最若年が30代後半だったそうです。

古い車を維持するのは何かと大変ですが、頑張ってもらいたいものです。

大変以上の楽しさもありますしね。

 

今回驚きだったのが、約20年ぶりに同じ中学の同級生と再会できたこと。

黒のFORDのHOT ROD、一度富士市内ですれ違ったことがありましたが、

まさか同級生がオーナーだったとは!

たしか最後に話をしたのが二十歳くらいの時で、当時HOTRODやKUSTOMが好きだと話してましたが、

それからこの道一筋で、このFORDもペイント以外は全て自分で仕上げたそうです。

自身でOHしたフラットヘッドエンジンをはじめ各所トラディショナルな手法でまとめられ、

派手さはありませんが分かる人が見ればおぉ!となる車。

流石です。

 

車は知っていても、オーナーさんの顔は分からずでお話できず。

が多数。

最近よくすれ違うインパラワゴン

こちらは自宅近所に置かれているインパラ

その他、SNS上で車は知っているけどお話できなかった人もちらほら。

エントリーしてなかったけどお会いできた人もいたり。

 

同じ年式の車は気になるものです。

仕上げ途中と思われる54chevyはなんと女性オーナーでした。

こちらはラディカルな手法でカスタムされた54Chevy

 

自分の64シェベル2ドアワゴンも仕上げたいな。

以下、写真沢山撮りましたので画像でお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2022 ジムニー専門店 SCM EXPERIENCE 店長ブログ, All rights reserved.