R3年9月以降対応 エアーリフトサスペンションKIT発売 ジムニー ジムニーシエラ JB64 JB74 車検対応 突入防止 ジムニーリフトアップ

前回記事の続きです。

簡単に言うと、

2021年9月以降の車は社外バンパーだとリフトアップがほとんどできない

ということになりますが、

それでもリフトアップしたい!という要望に対するSCMの答えがこの商品です。

ジムニー JB64 JB74 ジムニーリフトアップ ジムニーエアサス 突入防止 突入防止装置 車検対応 ジムニー専門店 ジムニーカスタム

商品紹介ページこちらから

 

特注のロングでソフトなスプリングに

エアーで車高を調整可能なエアーショックを組み合わせます。

エアー圧を下げた状態で

ショートバンパー 225/75R16タイヤでリヤメンバーの高さ60㎝以下をクリアー。

エアー圧を上げることによりフロント1~3インチアップに対して平行な高さまで車高アップできます。

 

つまり、車検時にノーマルサスに組み替えたりしないで瞬時に車高を下げれるのです。

あ、いけない。

建て前上、

公道走行時は車検に適合する車高に調整してお使いください。(笑)

 

それと、

ライドハイトに合わせたヘッドライトの光軸調整

直前直左視界対策

もお忘れなく。

光軸は、リヤを下げた状態で正規に合わせておけば

車検時も楽ですし、対向車に眩しさで迷惑をかけず良いと思います。

 

車検対策だけでなく、積載やトゥーイング時の尻下がり補正にもバッチリです。

(エアーショックの本来の正しい使い方)

スペアタイヤを外してリヤの車高が妙に高い時の補正にも使えます。

ほとんどのリフトアップサスはスペアタイヤ装着時の荷重で計算されているので、

外してしまうとケツ上がりになってしまうんですよね。

 

あと、前にも書きましたが、

このサスペンションは車高を調整できるだけでなく、

オフロード走行性能も向上します!

特注のソフトでロングなスプリングは

接地時 1G状態から伸び側にかなりの余裕があります。

よく皆さんが言う、「伸びる足」が実現したのです。

ジムニー JB64 JB74 ジムニーリフトアップ ジムニーエアサス 突入防止 突入防止装置 車検対応 ジムニー専門店 ジムニーカスタム

フロント3㎝アップ スタビありでこの伸びっぷり。

オフロード走行では片輪が浮くと空転してスタックの元となりますので、

いかに柔軟に動いて4輪を接地させるかがカギとなります。

 

 

もちろん、JB74 ジムニーシエラにも装着可能。

フロント3インチアップでもテスト完了してます。

ジムニー JB64 JB74 ジムニーリフトアップ ジムニーエアサス 突入防止 突入防止装置 車検対応 ジムニー専門店 ジムニーカスタム

ジムニー JB64 JB74 ジムニーリフトアップ ジムニーエアサス 突入防止 突入防止装置 車検対応 ジムニー専門店 ジムニーカスタム

車高調整ができて、

乗り心地も良くて、

オフロード性能もアップ。

これは、買うしかないね!

令和3年9月以降はリフトアップできなくなる?噂の法改正について 突入防止装置 JB64 JB74

法改正によりジムニーがリフトアップできなくなる⁉

皆さんもそんな噂を聞いたことがあるかと思います。

そんなバカな~と今まであまり気にかけてなかったのですが、

いよいよ調べてみました。

 

そしたら、

 

本当みたいです!!!

ただ、リフトアップ(サスペンションの変更)が駄目になる訳ではありません。

突入防止装置

(要は、他車が衝突(追突)した際に車体下部に潜り込むのを防ぐ装置)

の要件が変わるのです。

 

以下、要件を簡潔にまとめます。

(私がネットでざっと調べた内容ですので間違いもあるかもしれません。ご了承ください)

 

 

令和3年9月登録以降の車(ラダーフレーム車 モノコック車は除外)

は、高さ600㎜以下の位置に基準を満たす突入防止装置を備えなければならない。

 

ジムニーの場合、リアのフレームメンバーとバックパネル(バックドア下側のパネル)が突入を防止する構造物にあたります。

この部分がリフトアップすることにより60㎝を超えてしまうと、違法になってしまいます。

ジムニー JB64 JB74 新型ジムニーバンパー ジムニーバンパー SCMバンパー ジムニーリフトアップ

 

60㎝が実際どんなものなのか、測ってみました。

ジムニー JB64 JB74 新型ジムニーバンパー ジムニーバンパー SCMバンパー ジムニーリフトアップ

ジムニー JB64 JB74 新型ジムニーバンパー ジムニーバンパー SCMバンパー ジムニーリフトアップ

 

計測車輌 

令和2年式 JB64 オートマ

3㎝リフトアップ

タイヤサイズ 225/75R16

テールレンズの位置でちょうど70㎝くらい。

問題となるメンバーの高さは、63㎝くらい。

ということは、これでも新基準はダメってことになりますね。

ノーマルサイズのタイヤならギリギリいけるかどうか。

2インチアップ以上は確実にアウトです。

 

ちなみに、平成27年7月26日~令和3年8月31日登録までの車は従前規定の適用といって、

70㎝以下であればOK。

つまり、平成27年の段階で法改正は決まっていて、今はその移行期間ということなんですね。

 

それ以前の車は、全く関係ありません。

 

で、それでもリフトアップしたい場合はどうしたらよいか?

答えは単純、適合する突入防止装置を付ければよいのです。

 

ただこれが問題でして、なんでもよいという訳ではないのです。

寸法や強度に細かな規定があり、公的機関での強度テストなど証明が求められるようです。

素人が適当な鉄パイプを溶接して作ったものでは駄目なのです。

 

先ほども申し上げましたが、これは私がざっとネットで調べた情報です。

今後、陸運支局 軽自動車検査協会に確認を取りつつ、確実な情報をお知らせしたいと思います。

 

いずれにせよ、リフトアップしたいユーザーさんは規制前の車を購入するのが1番です。

せっかくロードクリアランス確保のためにリフトアップしたのに

突入防止装置を低い位置に取り付けたら本末転倒ですからね。

 

今から新車注文して8月登録に間に合うかは微妙なところですが、

可能性はゼロではありません。

ここ最近ですと当店注文のお客様で、運良く4ヶ月で生産確定した幸運な方もいらっしゃいます。

迷っている方は一刻も早くグレードと色とシフトを決めて、SCMに注文してください!

 

それにしても、なぜこのような法改正に至ったのか。

以前からトラックなどは突入防止装置の義務はあり、

それは理にかなっていると思うのですが、

モノコック車は除外とか、解せない点が多いですね。

役人さんの考えることは、よくわかりません。

ジムニー JB64 JB74 新型ジムニーバンパー ジムニーバンパー SCMバンパー ジムニーリフトアップ

© 2022 ジムニー専門店 SCM EXPERIENCE 店長ブログ, All rights reserved.