JA22ジムニーのK6Aエンジンって実際どうなの?PART2 最近のK6Aエンジン事情

当ブログの過去記事

JA22ジムニーのエンジンって実際どうなの?

は当ブログの中でも結構アクセスが多い記事です。

この記事を書いたのが2015年のことでして、

あれから約6年が経ち、状況も色々変わってますので

2021年現在のJA22エンジン事情を書きたいと思います。

ジムニー JA22 K6A F6A オーバーホール エンジンオーバーホール ヘッドガスケット抜け リビルトエンジン ジムニー専門店

 

 

現在、市場に出回っているJA22ジムニー中古車のエンジンの状態は2015年当時とさほど変わりません。

いや、さらに悪い個体は増えているでしょう。

新車当時からオリジナル、ノンオーバーホールの個体はいつエンジンブローしてもおかしくない、

時限爆弾のようなものです。

ジムニー JA22 K6A F6A オーバーホール エンジンオーバーホール ヘッドガスケット抜け リビルトエンジン ジムニー専門店

 

 

弊社のジムニーエンジン歴を要約しますと、

 

エンジンには手を入れず、外観だけカスタムして売る。

売った直後にエンジンブロー多発→

 

腰上オーバーホール(シリンダーヘッドのみ)をはじめる→

 

腰上OHだと腰下(シリンダーブロック)に問題があると無意味なため、

リビルトエンジン換装に移行する。

(2015年当時)→

 

自社でエンジンフルオーバーホール製作に着手。

(2016年1月~)

 

という流れで現在に至ります。

 

2015年ころはリビルト屋さんのエンジンを使ってましたが、

リビルト屋さんもコア(ベースエンジン)が無くなってしまい、

こちらからベースエンジンを送って完成を待つという状況に陥りました。

それだったら、自社でオーバーホールした方が早くない?

ということになり、自社内でフルオーバーホール、リビルトを施工するようになったのです。

 

リビルトエンジン自体はほぼ不具合はありませんでしたが、

完成状態で送られてくるので交換部品や施工内容は不明瞭。

ちょうど保証期間が過ぎる頃に駄目になる個体もあったりして、

規定値ギリギリで組まれている場合もあったのでしょう。

自社でオーバーホールするようになってから分かったのですが、

個々に状態が異なるベースエンジンをオーバーホールして均一価格で提供するのは、少々無理が生じます。

摩耗が進んでいても数値がギリ範囲内であれば、交換、加工なしでそのまま組まれていることも想像できます。

損傷が酷い個体も勿論ありますので、抑えるところは抑えないと平均利益を確保できないのです。

 

さて、自社でエンジンをフルオーバーホールするようになってから早5年。

正確に数えてませんが、K6A、F6Aも含めて製作台数もそこそこな数になると思います。

把握している限りでは、大きなトラブルはほぼありません。

 

大きく壊れてしまったのは、

初期慣らし段階で過負荷が掛かりメタルを焼いてしまった2機、

ラジエター不良でオーバーヒートさせてしまった1機

の3機のみです。

 

車検入庫などで経過を見させて頂くことも多々ありますが、

皆様順調にお乗り頂いてます。

 

JA22のK6Aエンジンは弱い、壊れる

というネガティブイメージは完全に世に浸透している感があり、

あながち間違いではないのですが、

しっかり対策を施したオーバーホールをしてあげれば簡単には壊れません!

K6Aエンジン自体が駄目という訳ではなく、

JA22に搭載された初期のK6Aがヘッドボルトの締め方やヘッドガスケットの材質が駄目で

ガスケット抜けが頻発したのです。

実際のところ、JB23以降のK6Aですとガスケット抜けはそこまで多くありません。

オープンデッキライナーという構造上の弱さはありますが、

精度の高い内燃機加工と組み付けでクリアできます。

ジムニー JA22 K6A F6A オーバーホール エンジンオーバーホール ヘッドガスケット抜け リビルトエンジン ジムニー専門店

 

バルブの溶解、痩せ、欠けによる圧縮不良

これは対策品番になっているものの、JA22だけでなくJB23系でも見られる症状です。

オーバーホール直後に発生することはまずないのですが、

長期的には再発しうる症状。

ジムニー JA22 K6A F6A オーバーホール エンジンオーバーホール ヘッドガスケット抜け リビルトエンジン ジムニー専門店

これはハイオクガソリンを使用することによってある程度防げるのでは、と思います。

エンジンにはノックセンサーというものが付いていて、

ノッキングを感知すると点火を遅角させたりするのですが、

ある回転数以上になるとノイズによる誤作動防止からオフになってしまいます。

ジムニーは一応、メーカー指定ではレギュラーガソリンでもOKですが、

普通の軽乗用車よりも車重があったり駆動ロスも大きかったり、ましてや大径タイヤに換えられているとエンジンへの負担は想像以上です。

耳に聞こえない、ノックセンサーも感知しないデトネーション、異常燃焼が起こっていることは容易に想像できます。

オクタン価の高いハイオクガソリンであれば、これをある程度防げます。

実際のところ、より過酷と思われるチューニング車では、この症状はほとんどありません。

ハイオクガソリンを使い、燃調や点火時期などシビアにセッティングしているからでしょう。

 

オイル消費

JA22のK6Aに限らず、F6AやJB23のK6Aでも多い症状。

この原因のほとんどが、

ピストンオイル穴の詰まり、ピストンリング固着です。

オーバーホールのためにエンジンを分解すると、

ほぼ100%、オイル穴がスラッジで詰まっています。

ジムニー JA22 K6A F6A オーバーホール エンジンオーバーホール ヘッドガスケット抜け リビルトエンジン ジムニー専門店

酷いものですと、ピストンリングが固着してます。

この詰まったスラッジ、洗剤に漬けた程度は簡単に落ちません。

鋭利な硬い金属棒を刺し、かじり、やっと貫通するほどなのです。

ということは、車載状態でフラッシング剤などのケミカルでぜーったい落ちません!

オイル消費や白煙を直したければ、オーバーホールするしか道はないのです。

(余談ですが、燃焼室やバルブ、排気ポートのカーボンもケミカルでは落とせません。

カーボン、C、最も硬い物質です。)

ジムニー JA22 K6A F6A オーバーホール エンジンオーバーホール ヘッドガスケット抜け リビルトエンジン ジムニー専門店

いくらオーバーホールしても、その後オイル交換を怠れば穴はまたすぐに詰まります。

新車でも同じことが言えます。

オーバーホール後はけちらず、こまめなオイル交換を心がけください。

 

最後に、

エンジン本体だけオーバーホールしても、周りが駄目だとすぐにブローします。

例えばラジエターが詰まっていたり、ホースに亀裂があったりしたら当然オーバーヒートしますし、

ターボが駄目であればオイルに異物が回ります。

弊社が完成エンジン単体の販売をせずに、

エンジン搭載まで一貫して行っているのはそういった理由からです。

 

以上、まだまだ書きたいことは沢山ありますが、最近のJA22エンジン事情について書きました。

作業状況 ジムニーエンジンオーバーホール ジムニー車検 ジムニーリフトアップ

こんにちは。

作業状況報告です。

3台連続のジムニーエンジンオーバーホール依頼、

先の2台がほぼ作業完了しまして、

ジムニー エンジンオーバーホール F6A JA12

3台目の伊豆 K様

F6AエンジンだからJA12?と思いきや、JA11フレームにJA12ボディーを搭載した車。

制御系統はJA12用。

ちょっとややこしい(笑)

エンジン降ろしました。

ジムニー JA11 エンジンオーバーホール F6A

早速分解して洗浄。

うーん、シリンダーの縦傷がけっこうですね。

ジムニー JA11 エンジンオーバーホール F6A リビルトエンジン コンプリートエンジン

ジムニー JA11 エンジンオーバーホール F6A リビルトエンジン コンプリートエンジン

ジムニー JA11 エンジンオーバーホール F6A リビルトエンジン コンプリートエンジン

ジムニー JA11 エンジンオーバーホール F6A リビルトエンジン コンプリートエンジン

ホーニングでは消えなそうですね。

オーバーサイズピストンに合わせてボーリングです。

 

先週平日は毎日検査場へ通い皆勤賞でした。

相変わらず混んでます。

 

JB23 平成30年式の初回車検。

2インチアップ、6.50タイヤ、カメラ装着で直前直側視界OKの完全合法カスタム!

ジムニー ジムニーカスタム 車検 JB23 リフトアップ

今週も沢山入庫してくれています。

遠方からありがとうございます!

ミッションに違和感ありで、抜いたオイルのスラッジ量は過去一番でした。

ミッションオイルやデフオイルの交換、大事ですね。

JB64ジムニー 下回り防錆塗装、3㎝リフトアップのご依頼。

ありがとうございます!

ジムニー JB64 JB74 ジムニーカスタム ジムニーリフトアップ

ジムニー JB64 JB74 ジムニーカスタム ジムニーリフトアップ

 

JB74 サイドステップ取り付け

ありがとうございます!

ジムニージムニーシエラ JB74 ジムニーカスタム ジムニーリフトアップ ジムニーシエラリフトアップ ジムニーシエラローダウン

オイル交換 いつもありがとうございます!

ジムニー 新型ジムニー ジムニーカスタム ジムニーリフトアップ ジムニーバンパー SCMバンパー

 

痛々しい事故のJA22ジムニー。

先日の雪、凍結でコントロール不能に。

この車、実は納車してから半年も経っていないのです。

この損傷ですと、直すより買い替えた方が安い。

同型のベース車を用意し、使える物は移植します。

エンジンを摘出するためにパネルを切開。

エンジンはかろうじて無事なようです。

 

 

エンジン加工メニュー F6A K6A エンジンオーバーホール リビルト チューニング ジムニー カプチーノ アルトワークス

こちらは特別仕様で面研したK6Aのシリンダーヘッドです。

向かって左側は通常の面研、右側がスペシャル仕様です。

合わせ面の光沢の違いがお分かりいただけますでしょうか?

K6A F6A リビルト オーバーホール チューニング ジムニー カプチーノ アルトワークス

鏡のように天井が映りこんでます。

K6A F6A リビルト オーバーホール チューニング ジムニー カプチーノ アルトワークス

なぜここまでテッカテカなのか?

それは、面精度を追求した結果です。

メタルヘッドガスケットの抜けを防ぐためには、合わせ面の平面度を高めることが重要です。

ガスケット自体の柔軟性が低いので、少しの歪が命取りになるのです。

もちろん、ヘッドだけでなくシリンダーブロック上面も面研する必要があります。

K6A F6A リビルト オーバーホール チューニング ジムニー カプチーノ アルトワークス

平面がしっかり出たとして、さらに追及するところといえば切削面の荒さです。

通常の面研ですと、切削面に刃の跡が残ります。

これは顕微鏡で拡大して見ると細かな凹凸が残っている訳でして、

それを限りなく平面に近づけてガスケットと密着させようという考え方です。

バイトの番手を上げていき、結果このような光沢になったのです。

コンパウンドで手磨きした訳ではありません。

K6A F6A リビルト オーバーホール チューニング ジムニー カプチーノ アルトワークス

ここまでやったとして、通常の面研と比べてどの程度の性能差が出るかは分かりません。

自己満足かもしれません。

しかし、チューニングの世界では、たとえ効果が少なくてもやれることはやりたいというのが心情です。

やろうと思えばここまでのこともできるよ、という見本で削ってもらいました。

このヘッドは、オーダー製作でチューニングも依頼されているお客様のエンジンに使います。

 

こちらはまた別のヘッド。

K6A F6A リビルト オーバーホール チューニング ジムニー カプチーノ アルトワークス

面研は通常ですが、こちらは吸排気ポートに手を入れてあります。

K6A F6A リビルト オーバーホール チューニング ジムニー カプチーノ アルトワークス ポート研磨 WPC加工

いわゆるポート研磨。

砂型の段差を削って滑らかにして、流速を上げようという考え方。

K6A F6A リビルト オーバーホール チューニング ジムニー カプチーノ アルトワークス ポート研磨 WPC加工

やみくもに削るのではなく、特殊な計器を使ってポート容積、流速が各ポート均一になるよう削ってます。

K6A F6A リビルト オーバーホール チューニング ジムニー カプチーノ アルトワークス ポート研磨 WPC加工

K6A F6A リビルト オーバーホール チューニング ジムニー カプチーノ アルトワークス ポート研磨 WPC加工

クランク、カムシャフトのジャーナルラッピング加工。

K6A F6A リビルト オーバーホール チューニング ジムニー カプチーノ アルトワークス ポート研磨 WPC加工

軸受け部を磨きこみ、フリクションロスを低減させる狙いです。

K6A F6A リビルト オーバーホール チューニング ジムニー カプチーノ アルトワークス ポート研磨 WPC加工

 

ピストンやメタルのWPC加工。

右側が加工品です。

K6A F6A リビルト オーバーホール チューニング ジムニー カプチーノ アルトワークス ポート研磨 WPC加工

K6A F6A リビルト オーバーホール チューニング ジムニー カプチーノ アルトワークス ポート研磨 WPC加工

K6A F6A リビルト オーバーホール チューニング ジムニー カプチーノ アルトワークス ポート研磨 WPC加工

このように、通常オーバーホールメニューにプラスしてチューニングに対応した特殊加工も可能です。

 

現在オーバーホールでお預かりしているF6Aエンジン。

プラグホールとバルブシート間のクラックは定番ですが、

K6A F6A リビルト オーバーホール チューニング ジムニー カプチーノ アルトワークス ポート研磨 WPC加工

クラックが大きかったのでシートリングを外してレーザー溶接で埋めてもらいました。

K6A F6A リビルト オーバーホール チューニング ジムニー カプチーノ アルトワークス ポート研磨 WPC加工

以上、こんなこともできるよ!というエンジン加工メニューのご紹介でした。

ジムニーだけでなくカプチーノやアルトワークスオーナーさんからのご用命もお待ちしております。

 

F6Aエンジン 同時進行で作業中です。

納車御礼と作業報告 ジムニー JA22 JA11 JB23 リフトアップ カスタム エンジンオーバーホール

納車御礼

神奈川 T様

ジムニー JA22 弊社製作車輌のリメイクです。

ありがとうございます!

 

富士市 S様 リフトアップとタイヤ、ウィール交換のご依頼。

ありがとうございます!

 

さて、弊社展示場の照明でございますが、

実は中華製LED電灯のひとつが壊れてしまったのですが、

お客様のご厚意により国産品を装着できることになりました。

左側が中華製、右側がパナソニック製。

照度クラス W数は劣るらしいのですが、

体感明るさは同等以上。

ありがとうございます!

 

有償運送許可の講習を受けてきました。

レッカー搬送の費用について、

これまで保険会社から言われることはなかったのですが、

本来であれば白ナンバーでの有償搬送は違法となってしまうようです。

今後、法令順守の考え方から保険金支払いの要件が厳しくなる可能性はあります。

JAFが白ナンバーで合法的に有償搬送できているのが、この資格となります。

それにしても、この講習。

法律で5時間程度の講習を受けなければならない、とあるので仕方がないのですが、

テキスト読めば1時間ほどで十分な内容。

役人の考える事って、、、

 

蚊の話。

蚊に刺される、というと、

イメージされる季節は「夏」だと思います。

でも、弊社ではほぼ一年中、蚊がいます。

周りが製紙工場ばかりで、温かい用水路が沢山あるのが要因でしょう。

特にこの時期は真夏よりも蚊が活発なようです。

年間を通して蚊を見ないのは、

12月後半~2月頃だけですね。

 

たまたま入荷したバモスホビオ。

ターボ、4WD、走行6.5万キロと、探すと意外と希少な条件。

代車にするには勿体ないので商品化します。

とりあえず磨いて、YAKIMAのキャリア装着。

ブーストメーター装着ご依頼のひとコマ。

ついでにエレタップ山盛り配線はやり直します。

次のK6Aエンジンオーバーホール。

今回はチューニングメニューも絡むので、

スペシャルメニューでいきます。

加工前の下準備です。

顧客様デリボーイの車検。

走行距離は25万キロを超えました。

次のオールペン準備。T様

わずかな突起を削っていくと

塗膜下で進行するサビが。

まるで生き物のよう。サビの意地を感じます。

さようなら。

こういったサビはこの車に限ったことではなく、毎度のこと。

発見したサビは全て除去していきます。

 

S様のオーダー製作JA11 リフトアップ完了しました。

現在外観カスタム仕上げ中。

外観が形になれば撮影して改造申請出します。

 

小物パーツの塗装。

ABS製に材質変更されて期待してましたが、

意外と表面処理が悪かったグリル。

かたや、FRP製だけど品質が高かったオーバーフェンダー。

ベース車色々入荷してます。

お問合せください。

お客様注文分の新車 登録前ですが入荷しました。

これからカスタム製作です。

 

 

 

 

近況報告

秋ですね。

一年の中で一番好きな季節です。

定休日。

波が小さいのは承知のうえ、なんとか時間を作って海へ。

chill out time

富士山、初冠雪です。

 

毎年恒例の、長野引き取り。

途中必ず立ち寄る、道の駅。

鴨さんも鯉さんも元気そうで、なによりです。

今回も、車検+αの濃いメニューになりそう。

 

納車御礼

富士宮市 S様

SCM製作車輌の再販

以前同型のジムニーに乗っていたそうで、

再び乗りたくなるジムニーの魅力。

ありがとうございます!

 

富士市 K様

JA12W

若い女性のオーナーさん。

初所有車が、ジムニー。

ありがとうございます!

 

神奈川K様のJA11ジムニー製作

いよいよ大詰めです。

JA22の内装トリムを移植します。

クリップ穴などなにも開いてませんので、それなりに大変です。

 

同時進行でキャリアの製作。

パノラミックルーフ専用キャリアなんぞ存在しませんので作るしかないのですが、

よくあるジムニーサイズではなく小さめのさりげない物が良いと。

希少なJA11初期の純正キャリアをベースにショート加工することにしました。

元の大きさ

切り詰め後

難しい事はしてません。

ひたすら切るのみです。

中途半端に塗装されてしまっているので、剥がすのが大変かな。

 

エンジンオーバーホール

内燃機加工あがってきました。

これから組んでいきます。

 

JB64 JB74 新型ジムニー シエラのお仕事もちょこちょこやってます。

JB74 JAOS 20mm UP kit

JB64 下回り防錆塗装

ありがとうございます。

有名ショップのコンプリートエンジンって。

梅雨ですね。

雨が続くと、色々と大変です。

外仕事ができません。

梅雨なので雨が多いのは仕方ないのですが、

それにしても最近は降り方が異常ではないですか?

そういえば何年か前には人口降雨実験のニュースが普通にTVで流れてましたけど、

最近はなぜか話題になりませんね。

 

さて、調べ事があって過去の契約書類をあさっていたら、

懐かしいものが出てきました。

 

現在でこそ旧型ジムニーのエンジンオーバーホールは自社内で完結してますが、

自社施工する前はリビルトエンジンを取り寄せて載せ換えしておりました。

大手リビルトメーカーから仕入れることが多かったですが、

お客様指定で某有名ショップのコンプリートエンジンを入れたこともありました。

その時に付属してきた説明書きがこちら。

当時はあまり気にもしませんでしたが、

今、あらためて見ると突っ込みどころ満載です。

「エンジンオイルは、エンジンの使用状態や、走行状況、タービンの状況等により自然と減っていきますし、これらによりオイル消費が増える事例も多く見られますので、オイル等、こまめな残量確認と補充をお願い致します。」

とあります。

へー。

「車輌によっては、3000~5000㎞走行で、1~2リットルのオイルが減る事がありますのでご注意下さい。」

え?

オーバーホールしたエンジンでそんなにオイルが減るって、

ただの不良品、手抜きオーバーホールじゃないですか?

 

エンジンオーバーホールを希望される理由のひとつに、オイル消費があると思います。

きちんととオーバーホールされたエンジンは、オイルはほとんど減りません。

 

オイル消費には様々な要因があります。

バルブステムからのオイル下がり

ピストンオイルリング不良や穴詰まりによるオイル上がり

これらは通常のオーバーホールで解決するはずです。

ステムシールは無条件に交換するのがセオリーですし、

ピストンの洗浄は当然のこと、ピストンリングも全数交換が基本でしょう。

問題となるのが、気密性。

例えば、シリンダー内径とピストン外径を測定し、

数値が規定外、もしくは規定ギリギリだったとしましょう。

セオリーでいけばオーバーサイズピストンに合わせてボーリングとなりますが、

当然コストは増します。

定額販売のリビルトエンジンですから、なるべく原価は抑えたいところ。

コスト優先でそのまま組むと、気密が保てずブローバイガスに含まれるオイル量も多くなり、

オイルを消費します。

この説明文は、そんな時の逃げ言葉なんでしょうね。

 

弊社も、何だかんだでかなりの数のエンジンをオーバーホールしてきました。

今度、通算何機造ったか数えてみようと思います。

沢山造りましたが、クォリティーのばらつきはほとんど無いはずです。

圧縮圧はメーカー基準範囲を上回りますし、

アイドリング負圧もバッチリ。

自信があるので、こんな逃げ言葉満載の説明書は不要なのです。

 

ただ、エンジンの単品販売はしておりません。

しっかり組んだエンジンでも、不慣れな業者が搭載してひとつでもミスがあれば一瞬で壊れますので。

© 2022 ジムニー専門店 SCM EXPERIENCE 店長ブログ, All rights reserved.