ジムニー納車御礼、製作中

7/11、山梨O様 ジムニー納車となりました。

DSC05135

今回、JA11 5速MTジムニーからオートマ車へお乗換え。

膝を悪くしてしまい、クラッチを踏むのが辛くなってしまったそうです。

エンジン、タービンはリビルトに載せ換え、エンジンルーム内も塗装しました。

DSC05134

これからもジムニーライフ、楽しんで下さいね。ありがとうございました!

DSC05136

 

ジムニーカスタムコンプリート、並行して製作中です。

DSC05223

手前が京都W様、奥のベージュが山梨H様、ブラックが東京N様分。

ダッシュ交換しました。

DSC05221

FUEL WHEEL入荷しました。

15x8、PCD139.7 5H ジムニーに履けます。

(勿論、要オーバーフェンダー。)

DSC05225

DSC05226

こだわりのUSブランド。

ジムニーにFUEL入れてるのは、ほとんど見かけませんね。

先にウィールありきでカスタムプランを練るのも楽しいものです。

気になる方はお問い合わせ下さい。

 

JA22ジムニー ウッド調インパネのお話。

このタイプのウッド調インパネは、当時の純正オプション。

現在は生産終了で新品は手に入りません。

20150628a-147

ベース車にたまたま付いていればよいのですが、

部品単体で入手するのは困難です。

他にも探してみましたが、社外品でもこのような商品は販売されていないようです。

そこで。

ない物は作る!

試作してみました。

DSC05214

DSC05216

DSC05215

これ、実はフィルム貼りなんです。

最近のフィルムはよくできていて、質感はかなり高い。

本物の木みたいです。

しかし、難点はあります。

いくらよく伸びるフィルムで、プロのフィルム屋が貼っても凹凸が激しいので限界はあります。

DSC05217

DSC05218

細部はこんな感じですが、雰囲気はかなり良いと思います。

いかがでしょうか。

 

 

 

 

雨がずっと止まなくて憂鬱です。あ、梅雨だから仕方ないか。

神戸 Y様 ジムニーカスタムコンプリート

陸送で旅立ちました。

DSC05023

DSC05025

到着までまだしばらくお時間かかりますが、

楽しみにお待ち下さい。

ありがとうございました。

 

山梨 O様 塗装あがってきました。

DSC05038

ここで、現在のオーダー製作状況です。

 

山梨O様 リビルトエンジン換装、オールペン完了。

沼津O様 オールペン、リフトUP、内装仕上げ完了。

これからエンジンOH。

京都W様 オールペン完了、エンジンOH中。

山梨H様 エンジンOH完了 現在塗装中。

埼玉Y様 塗装待ち。

東京N様 塗装中。

(順不同)

オーダーの納車待ちは現在6台。

まだまだありますが、それでも一時に比べてようやく減ってきました。

カスタムオーダーを検討されている方は、今がチャンスですよ!

 

ベース車の在庫状況です。

平成10年 F5MT 走行13万キロ

平成8年 F5MT 走行13.6万キロ

平成10年 AT 走行10.6万キロ

平成8年 AT 走行10.4万キロ

平成8年 F5MT 走行9万キロ

平成10年 F5MT 走行11.5万キロ

平成9年 F5MT 走行13.4万キロ(ボディーリフト済み)

以上すべてJA22W

平成7年 JA11V(11系最終) F5MT 走行13万キロ

車両状態や価格などはお問い合わせ下さい。

オーダーお待ちしております!

 

出戻り入庫のこちらもよろしくです。

こちらは即納可能です。

20150628-100

 

 

タンドラ入りました。この前の事故車両とは別の車両です。

(彼は現在、板金屋さんに入院中)

DSC05027

2000年モデル TUNDRA アクセスキャブ LTD 4WD

ブラック/内装ベージュ レザーシート

この車、入庫時にはローダウンされていました。

個人的には嫌いではないのですが、せっかくの4WDなので上げます。

 

リヤサスはアクスルハウジングが逆組みされていました。

元々タンドラはリーフの下にアクスルハウジングがあるのですが、

それを逆(つまりリーフの上にアクスルハウジング)にすることにより車高を下げていたのです。

これを正規の位置に戻します。

DSC05037

フロントはこいつを入れます。

DSC05042

アッパーマウントにスペーサーを入れる手法はどうも気が引けるので、

RANCHOのコイルオーバーアッセンブリーで。

ノーマル比2.5インチ上がるらしいです。

DSC05041

アッパーボールジョイントのブッシュが破れていたので、部品待ち。

その間に、下回り塗っておきます。

ウィールとタイヤをどうしようかが、悩みどころ。

 

 

 

 

日本各地へ納車の旅

ここ数日は、西に東に飛び回っておりました。

まずは名古屋へ修理車輌の引き上げへ。

IMG_7189

どうやらエンジン不調はハーネスが原因のようです。

エアコンも効かないようなので、これから修理に入ります。

 

お次は納車で群馬県へ。

DSC05011

この車は、見所満載でございます。

ボディーは、旧車フェアレディーZのマルーンでオールペン。

20150628a-68

20150628a-193

オートグリムのコーティング施工。

光沢の違いもさることながら、今後の手入れが楽なのもポイント。

20150628a-71

エンジンルームもボディー同色でペイント。

アルミパーツはハンドポリッシュ、その他の補機類も可能なかぎり綺麗にしました。
20150628a-5

DSC04979

ウッド多用のインテリア

20150628a-147

後部座席は取り去り2名乗車に。

荷室はフロアリング貼り。

20150628a-112

20150628a-117

20150628a-130

外観はけっして派手なカスタムではありませんが、

見えない部分や各所の質感にこだわって製作しました。

これぞ大人のカスタムとでも申しましょうか。

H様ありがとうございました。

ところで、H様の自宅は富岡市。

富岡製糸工場のすぐ近くです。

お土産で頂いたチョコレート、ちょっとグロいです。(笑)

IMG_7212

 

その次の日は、YN81 ハイラックスの納車で横浜へ。

DSC05021

周辺道路が狭いとのことなので、積載車ではなく自走でいきます。

生憎の雨でしたが、高速道路も快調!

3Y EFIエンジンと5速MTの組み合わせは、予想以上のスポーティーな走りをします。

足回りはコイルオーバーショックで固め、安心して踏める仕様に製作しました。

ドライブがとても楽しい車です。

IMG_7198

横浜陸運局にて、無事横浜ナンバー取得。

IMG_7206

新オーナーさんは、自動車整備の専門学校に通う学生さん。

S様ありがとうございます。

若者の車離れが叫ばれる中、整備士を志し、MINI TRUCKに興味を持ってくれるのは非常に喜ばしい事だと思います。

末永く楽しんで下さいね!

MINI TRUCKって、1台で長く楽しめる車だと思うんです。

上げてもよし、下げてもよし。

一口に下げるといっても、色々なスタイルが楽しめますし。

トヨタさん、86は若者というよりは中高年層に受けた感はありますが、

若者が真に楽しめるのはこっち方面ではないですか?

現在、国内で新車で買えるピックアップトラックは皆無。

NEWハイラックスはそこそこ売れたはずですし、最近ではタンドラなどの逆輸入車の人気も目を見張るものがあります。

そろそろ遊べるピックアップを新車で販売してくれてもいいのではと思うのですが、いかがでしょうか。

 

その後は、横浜の友人と久々に会食し、新幹線で帰りました。

 

横浜でふらっと立ち寄ったコンビニで、ペヤングソース焼きそばを発見。

思わず買ってしまいました。

(静岡はまだ販売していないんです。)

IMG_7209

パッケージが変わったんですね。

虫混入対策でしょうか。

でもこれで、湯きり時に流しに麺をどさっと落としてしまう事故は防げそうです。

IMG_7210

ちなみに私は、湯きり前にソースを入れてしまうという事故も経験してます。

久々のペヤング、美味しかった!

IMG_7211

 

グランドハイエース特装ロングは業販で嫁ぎ先が決まり、

陸送で長野へ旅立ちました。

ありがとうございました。

DSC04296_R

 

 

 

 

 

 

 

 

 

納車記念と、釣りのお話

6/19、富士市S様 ジムニーカスタムワイドコンプリート納車となりました。

DSC04928

DSC04917

久々にワイドタイプで製作しました。

やはり迫力満点!

ありがとうございました。

 

6/21は東京のY様 ジムニーカスタムコンプリート納車です。

DSC04931

記念撮影 センターの座はカモに奪われました(笑)

そして偶然にも登録日が6月10日で、ナンバーが610!

最後に気が付きビックリでした。

車全体の写真を撮り忘れていましたが、

リビルトエンジン、タービン、クラッチ新品とかなり信頼性は高い仕様に仕上がっております。

タイヤは、グッドリッチのオールテレンをチョイス。

ありがとうございました!

 

さて、梅雨時とあって内海はしばらく波がありません。

外海まで行けばやれそうですが、最近は波のない日は釣りを嗜んでおります。

カモたんも一緒に行きます。

DSC04853

市街地とは目と鼻の先ですが、そこは別世界。

勿論、4WD SUVでなければ足を踏み入れることはできません。

DSC04837

カモも気持ちよさそう。でも野鳥になる気は全くないみたい。

DSC04861

小さいけど、平目。

IMG_7015

ちゃんと自分でさばいて、お刺身で頂きました。

IMG_7026

先日は、至近距離でナブラ発見。

すかさずキャストして、釣れたのがこいつ。

IMG_7185

コノシロ。

ルアーを追って、というよりはたまたま引っ掛かってしまった、というのが正しいかもしれません。

こいつらが単に沸いていただけなのか、下から大きい魚が追ってきていたかは謎ですが、

いずれにせよこれからは、青物が熱くなってきそうです。

この近辺でもサバが釣れはじめたようですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジムニー納車御礼、 Truck Trends Day 見学

5/31 富士市Y様 ジムニーカスタムコンプリート 納車となりました。

DSC04805

考えてみたら今までグリーンで製作したことはありませんでしたが、

なかなかいい感じですね。

お子さんたちはちょうどおねむタイムで、ご機嫌斜め。(笑)

大変お待たせいたしました。ありがとうございました!

 

納車のお客様、修理引渡しのお客様、車を見にきてくれたお客様、

ちょうど重なってしまいバッタバタですみませんでした。

 

さて、午前中店を閉めて行ってきたのは、富士山こどもの国で開催された、Truck Trends Day。

雑誌Truck Trendsは、創刊の頃からほぼ欠かさず購入している愛読書です。

同じ市内で開催されるとあっては、行かない手はありません。

場内に入ると、雑誌で見たことがあるラディカルカスタムカー達が目に飛び込んできます。

DSC04729

DSC04732

このステアリングの取り回し!

DSC04730

もはやアートの域のリヤサスペンション。

DSC04733

チョップにナロードと大技投入しつつも、それを感じさせない自然さ。

DSC04737

このC10、実車を見ることができて感動。

DSC04740

DSC04739

DSC04742

このエルカミーノも、雑誌で見るより実物のインパクトは絶大。

DSC04777

DSC04779

ウチもここまでの仕事を請けれるようになりたいものです。

DSC04734

DSC04765

どうしても720に目がいってしまいます。当店のキングキャブも早く仕上げたいな。

DSC04753

DSC04771

DSC04759

綺麗な90年代シボレーCシリーズ、いいですね。

最近では市場価格も上昇傾向。

DSC04747

DSC04744

DSC04745

下げるだけではなく上げるのも楽しめるのが、トラックのよいところ。

個人的にはロッククライマーよりも、こういったデザートレーサー、プレランナースタイルが好きなのであります。

上げすぎない車高、ワイドフェンダー、複筒式ロングトラベルショックなどが特徴。

DSC04773

DSC04782

ザ!アイランドスタイル!

DSC04797

格好良いのですが、私はこの状態で公道を乗る勇気はありません。

DSC04787

一般駐車場も、トラックだらけ。

タンドラは大人気ですね。

DSC04793

こんな凄いのが一般駐車場に。

DSC04789

うちのお客さんの車発見。

綺麗に乗ってくれていて嬉しいです!

DSC04803

DSC04795

よい刺激、勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

臨時営業時間変更のお知らせとジムニー納車御礼、製作状況

まずは本日の営業時間変更のお知らせです。

イベント見学のため、13時からの営業となります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

 

5/28、神奈川 N様 ジムニーカスタム納車となりました。

DSC04677

車自体はだいぶ前に出来上がっていたのですが、訳あってようやく納車となりました。

訳あって、ノーマルタイヤで納車。

例の件、今度見させてもらいますね。

ありがとうございました!

 

JB32型ジムニーシエラ

ノーマルオーバーフェンダーで製作中。

車高とタイヤのバランス、なかなかいい感じです。

DSC04693

H様のJA22ジムニー

旧車フェアレディーZのマルーンでオールペン完了。

エンジンルームも同色で塗装しました。

DSC04691

なかなか見る機会は少ないと思いますが、ヘッドカバーの中はこんな感じです。

DSC04695

各所ポリッシュして、見せれるエンジンルームに仕上げます。

仕上がりお楽しみに!

DSC04697

こちらはリビルトエンジンに載せ換え中。

DSC04716

DSC04714

 

 

 

 

 

 

 

ジムニー納車と、製作途中

富士宮市 W様 ジムニーJA11カスタム

納車となりました。

DSC04673

この車、実は以前当店で製作して納車しましたが、

お客様のお仕事の事情で手放す事となり、つい最近買い取り入庫していた車です。

写真撮影までしてWEB掲載予定でしたが、その前にご紹介で来店のW様にご成約となりました。

ありがとうございました。

せっかくなので、撮影してきた写真掲載します。

静岡といえば、お茶。

茶畑と、ジムニー。

jimny20150514-8

jimny20150514-137

渓谷と、ジムニー。

jimny20150514-70

jimny20150514-57

花と、ジムニー。

jimny20150514-97

新緑と、ジムニー。

jimny20150514-87

jimny20150514-21

jimny20150514-22

今週の、製作中。

DSC04675

DSC04676

当店所有のテスト車輌、車検通してナンバー取得してきました。

が、自走で軽自動車検査協会までの往復間、ヘッドガスケット抜けが発覚しました。

DSC04669

やっぱり一回エンジン開けなきゃ駄目かな…

 

 

 

 

 

ラムバン納車 ジムニーの電気のお話

5/13、ダッジラムバン B1500納車となりました。

大変お待たせ致しました。

95年 ショーティー、ロールーフのコンバージョンです。

DSC04587

DSC04592

DSC04596

室内の雰囲気が最高であります。

クリーニング頑張りました。

DSC04600

DSC04602

DSC04603

DSC04611

元々8ナンバーキャンピング登録でしたが、

なんのメリットもないので1ナンバー貨物登録へ変更。

3列目の電動でベットになるシートを、前よりに移設。

比較的新らしめ?の年式とはいえ20年も経過しているのですね。

日常使用に耐えうるよう、部品は色々と交換しておきました。

プラグ

プラグコード

デスビキャップ

ローター

イグニッションコイル

オイルパンガスケット

サーモスタット

ATフィルター、ガスケット

オイルフィルター

Fショックアブソーバー

富士宮市N様 ありがとうございました。

IMG_7054

 

ジムニー仕事も頑張ってます。

今週は赤や緑で色鮮やか。
DSC04583

DSC04582

エンジン部品、ポリッシュ中。

DSC04623

DSC04620

これ、まだ途中です。

ペーパーだけであと3工程。辛い。

でもこういった作業、好き。

 

突然の不調で入庫したジムニー。

アイドリングもままならない状態。

直感で電気系のトラブルのような気がして、チェックランプは点いていないけどダイアグチェック。

故障コード スピードセンサー

しかし断線していたのはプレッシャセンサーのハーネスでした。

DSC04629

この部分、振動で切れてしまうようで、既に一度修理されている車も多く見受けられます。

故障診断でピンポイントでプレッシャーセンサーと出る場合もあれば、なぜかスピードセンサーと出る場合もあります。

修理しずらい長さで切れていたので、ストックしてあったハーネスに引きなおしました。

DSC04630

ちなみにエンジンハーネスはまだ新品が出るようです。

ライトハーネスは廃版でした。

 

ハーネスついでに、アーシング アースチューンのお話。

最近の車は純正でも十分なアース処理がされているため、追加アース線はほとんど効果は無いと思われます。

しかしこの年代のジムニーのような古い車の場合、そこそこの効果があります。

なぜかといいますと、

純正アース線が必要最低限しかない。

純正アース線の劣化、ボディー、フレームの劣化(さび)により通電が悪くなっている。

といった理由からです。

ヘッドライトの光量不足

フューエルゲージ(燃料計)の不具合

排気温センサー警告灯の異常点灯

などはアース線の追加によりだいたい解決します。

燃費が良くなるとか、パワーが上がるとかは私は信じませんが、

純正のデスビからボディーへのアース線はかなり細く心もとないものです。

追加によりプラグの発火力も多少上がるかもしれません。

DSC04631

DSC04632

アーシングする際のポイントですが、

やみくもに本数を増やせばよいのではなく、その接続するポイントが大事です。

皆さん盲目になりがちな部分が、フレームとボディーの導通。

ボディーとフレーム間はマウントを介すため、また元のアース線も細い1本のみなので、追加してあげると効果があります。

参考までに。

 

さて、今日は定休日。

台風が近づいているようなので、出動します。

 

 

 

 

 

© 2022 ジムニー専門店 SCM EXPERIENCE 店長ブログ, All rights reserved.