JA11C レストア記録 ジムニーレストア

 

オーダーで製作中のJA11C 幌。

塗装工程がひと段落しましたので、製作過程をご報告いたします。

元の状態。

構造上雨漏れしやすく、腐りやすいホロ車ですが、

ホロにしては腐食が少ないベース車。

ちなみにエンジンオーバーホールなどの機関リフレッシュは先に済ませてあります。

分解していき、

Fフェンダーも外し、すっきりバラバラ。

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

JA11Cで定番の腐食してしまう部分。

鉄板が重なっているため、合わせ目内部から錆びてしまいます。

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

完全に駄目な部分は切り取ります。

2枚重ねの外側は全てそぎ落としましたが、内側は生きてました。

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

純正と同じ形状で鉄板から作ります。

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

位置をピッタリ合わせて、

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

溶接。

ビートを削って、完成。

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

ちなみに合わせ面にはさび止めとシーリング材で処置してあります。

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

Rフェンダーは浅く広く歪がありましたので、修正。

一度鈑金補修されているようです。

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

一部腐食穴ありましたが、鉄板切り貼りで補修。

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

「フロアも塗るからダッシュ周りのマスキング考えておいて~」

とスタッフに言ったら、翌日こうなってました。

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

ちまちまマスキングするくらいなら全部外してしまった方が早いぜ!

という性格。

当然、仕上がりは外して塗った方が綺麗です。

ヒーターコア以外は全て撤去されました。

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

今回フロアーは、まだ発売前のイサム塗料さんのライナー塗料をモニターとして使わせてもらいます。

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

その上から全体にサフェイサーを吹きます。

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

Fフェンダーやフードも同時進行。

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

そしてようやく、本塗り。

ボディーカラーはラングラージープの純正色です。

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

Fフェンダーを合体。

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

まだまだ塗る部品が残っています。

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

ドアヒンジはステンレス製に交換。

合わせ面はサビ対策でサフェ塗装後にシーリングを塗って貼り合わせ。

ボルトは純正を使います。

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

残りのパーツを塗装。

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

ジムニー ジムニーレストア ジムニーオールペン JA11 ジムニー専門店

これだけ分解してしまうと組付けも大変ですが、

例えるならば塗装前の作業はひたすら苦行。

ここから先は完成が見えてくる楽しい仕事です。

オーナー様もうしばらくお待ちください。

FORSALE 買い取り入庫車輌情報 ジムニー JB23 JA22 中古車在庫

皆さまこんばんは。

ここ最近で続けて入ってきました、買い取りFORSALEジムニー達。

仕上げと画像掲載が完了しましたのでお知らせいたします。

 

まずは1台目。JA22のATです。

ジムニー JA22 JB23 中古車販売 ジムニー中古車 ジムニー在庫 FORSALE ジムニーコンプリート ジムニーカスタム

ジムニー JA22 JB23 中古車販売 ジムニー中古車 ジムニー在庫 FORSALE ジムニーコンプリート ジムニーカスタム

製作は約8年前の平成26年3月。

この車を製作してからもう8年も経ったのかという事も驚きでしたが、

遠方から陸送で送られてきて対面して、

とても8年が経過していると思えないほど綺麗な状態で更にビックリ。

作り手側からすると、ここまで大事に乗ってくれていたかと思うと大変嬉しかったです。

自信を持ってお勧めできる1台です。

詳細こちらからご覧ください。

 

お次はこちらのJA22。5速MTです。

ジムニー JA22 JB23 中古車販売 ジムニー中古車 ジムニー在庫 FORSALE ジムニーコンプリート ジムニーカスタム

ジムニー JA22 JB23 中古車販売 ジムニー中古車 ジムニー在庫 FORSALE ジムニーコンプリート ジムニーカスタム

こちらも弊社で製作してから約7年が経過しました。

皆さま長く大事に乗ってくれて、買い取りも弊社に戻してくれて大変有難い限りです。

ボディーカラーはUSトヨタ タンドラの純正色。

ジムニー純正のシルバーと比べるとだいぶ暗めのガンメタ寄りのシルバーでして、これがなかなか格好良いです。

一部塗装剥がれなどはありますが、入庫時から水はじき抜群で、こまめに洗車してくれていたことが伺えます。

詳細こちらからご覧ください。

 

どちらも新規製作と比べると大変お安くなっております。

 

最後は、JB23ジムニー

ジムニー JA22 JB23 中古車販売 ジムニー中古車 ジムニー在庫 FORSALE ジムニーコンプリート ジムニーカスタム

ジムニー JA22 JB23 中古車販売 ジムニー中古車 ジムニー在庫 FORSALE ジムニーコンプリート ジムニーカスタム

弊社販売車ではございませんが、エンジン換装など整備関係を担当させて頂いた車輌です。

今年の2月に高速でエンジンブローしてそのままレッカー入庫、

弊社でリビルトエンジンに載せ換え。

その後、今度はミッションが駄目になってしまい走行不能に。

前オーナーさん、さすがに嫌になってしまったようで手放されました。

その後弊社でミッションもリビルトに載せ換えて、エンジン換装時にターボなど補機類もごっそり変えてますので、主要部分がほとんどリニューアルされたことになります。

まだ新しい気がするJB23型ですが、この年代でも既に20年が経過している訳ですので何もしないと当然壊れます。

ここまで機関にお金を掛けておきながら、同年代の機関そのままで売られている中古車とさほど変わらない価格設定ですので、大変お買い得かと思います。

前オーナーさんはちょっと可哀そうですが、次のオーナーさんはラッキーですね。

 

3台共に新規オーダー製作と比べますと価格面、納期面で大変お得かと思います。

このような弊社製作車が買い取り入庫して販売される事は稀です。

1点物の早い者勝ちですので、お早目にお問合せください。

 

 

 

オーディオ熱再燃!デモカーのJB64ジムニーにオーディオインストールしました。

私の乗る車には、しばらくカーオーディオが付いていませんでした。

毎日の通勤車兼デモカーのJB64ジムニー、

休みの日にサーフィンに行く用のサバーバン。

どちらもオーディオは無く、無音状態。

 

音楽が嫌いな訳ではありません。

聴くだけでなく、楽器をプレイする側の人間でもあります。

音にもうるさい方です。

実はカーオーディオの世界に入れ込んでいた時期もあります。

でも音質を追求していくと壁に当たり、嫌になってしまい、

中途半端な音質で不満に感じながら聞くくらいなら無音の方がマシだ!

と車内で音楽を聴くのを止めてしまいました。

 

カーオーディオはホームオーディオと違い環境条件が劣悪です。

まずノイズの問題

走行音、風切り音など様々なロードノイズ、

エンジンやエアコンなどのメカノイズ。

せっかく音を良くしても、ノイズにかき消され繊細な音を楽しめません。

 

スピーカーボックス エンクロージャーの問題

スピーカーボックスは適切な容量と、ユニットの振動に共振しない重さ、頑丈さが求められます。

カーオーディオでは通常、ドアなどの鉄板パネルにユニットを直接固定されることになりますが、当然共振してしまいますし、制振材などでデットニングしても限界があります。

 

スペースの問題 定位感

適切な容量のBOXを運転席の前方にドンと置ければよいのですが、

車内にそんなスペースはありません。

スペースの都合で仕方なくスピーカーをドアなどにマウントしているのです。

定位感、といった観点からも、ドアマウントは最悪です。

スピーカーはリスナーの正面左右に配置されるのが理想ですが、

ドアマウントですと向きも位置も不都合です。

 

そんな理由から車室内は最悪な環境なのですが、

最近、ちょっと気になるスピーカーを発見しました。

オンダッシュマウントが可能な同軸2wayフルレンジスピーカー。

ドアにスピーカーを装着すると下の方から音が鳴っている感じで不自然。

かといって2wayスピーカーのツイーターだけをダッシュ上にマウントすると、高音だけが正面から聞こえて定位感が分離してしまう。

しかしこのようなスピーカーなら、人間の耳が認識しやすい中音域から上を理想的な位置から鳴らせて、あたかも目の前でミュージシャンが演奏しているかのような音場環境を作り出せそうな気がしたのです。

JB64は走行音も割と静かですし、久々にオーディオをセットアップしてみることにしました。

いくらフルレンジといっても、この口径、容量では中低音は全く期待できません。ローミッドはドアマウントに任せます。

セレクトしたのはキッカーのCSシリーズ。

このスピーカー、自社の積載車エルフにも使ってますが、

そのまま使ってもなかなか良い音のスピーカーです。

ですが今回はツイーターとクロスオーバは使わず、贅沢にもミッドレンジユニットだけを使います。

薄型設計なのもポイント。

JB64 JB74はスピーカースペースに余裕が無く、薄型の物でないと装着できません。

ドアパネル裏側には制振シートを貼ってデットニング。

パイオニア製の変換ブラケットを使い、16㎝径を装着。

このままですとドアパネルと干渉してしまったので、パネル側を削って対処しました。

ドアマウントスピーカーだけでは低域は鳴らしきれないので、サブウーファーも付けます。本当はもう少し容量が欲しいところですが、シート下に収められる物というと選択肢があまりありません。妥協です。

デッキは以前使っていたカロッツェリアのDEH-P01を装着。

4wayクロスオーバーを内蔵しているのがポイントです。

パワーアンプは別体式ですので、プレイヤーの下段に入れました。

久々のオーディオインストール。夏休みに自分自身で行いました。

デッキの隙間部分は放熱も考えてパンチングメッシュ材で製作しました。

完成。このデッキはイルミネーションカラーをカスタマイズできるので、車のイルミに合わせてアンバー系にしました。

ジムニー JB64 JB74 カーオーディオ オーディオ ジムニーオーディオ

ジムニー JB64 JB74 カーオーディオ オーディオ ジムニーオーディオ

さて、肝心の音質です。

ジムニー JB64 JB74 カーオーディオ オーディオ ジムニーオーディオ

今回要となったこちらのフルレンジスピーカー、

なかなか良い仕事をしてくれます。

販売元の話では再生領域150Hz~40KHzとのことですが、

色々試した中で私はハイパスのクロスオーバーポイントは400Hz近辺がベストだと感じました。

(スコーカーとツイターのクロスオーバーは適切な物が内蔵されています。)

400Hzから上が具体的にどんな感じかと申しますと、

女性ボーカルのほとんどの領域

低音男性ボーカルの高周波部分

ギターやピアノ、管楽器などの主なインストゥルメンタル楽器

ベースの高周波成分

ドラムはバスドラムの高周波成分からスネア、シンバルまで

がダッシュ上正面から発せられることになり、

理想的な定位感

つまり、自分の目の前でミュージシャンが演奏しているかのような錯覚を味わうことができるのです。

ローミッドからローはドアマウントスピーカーとシート下のサブウーファーから発せられますが、周波数が低くなればなるほど指向性は低くなりますので、設置場所はさほど気にならなくなります。

 

オーディオにおける「良い音」の定義とは、

いかに忠実に音源を再生できるか

だと思います。

 

音にうるさいことで有名な山下達郎さん。

印象的なお話があります。

ラジオ番組内でリスナーから

「耳を良くするにはどうしたらよいですか?」

という質問に対し、

「一流の本物の良い音を沢山聞いてください。」

というご返答。

それをたまたまラジオで聞いたときに、目から鱗でした。

まずは一流のミュージシャンが演奏する生の音「良い音」を知ること。

これが基準です。

それを知った上ではじめて、オーディオの良し悪しを判断できるのだと思います。

良い音をどこまで再現できているか否か。

 

話は逸れましたが、

このセットアップ。なかなか良い音です。

カーオーディオにご興味がある方。

ご来店頂ければ視聴できます。

コスパも高いと思います。

超高級品を買わなくても、良い音は出せます。

今回はクロスオーバー内蔵のP01を使いましたが、

現在お使いのヘッドユニットを使いながら外部アンプを使ってマルチチャンネル化も可能です。

ご興味ある方はお問合せください。

 

デモカー仕様変更 2インチアップ エアーリフト ジムニー JB64 JB74

ということで、SCMデモカーのJB64ジムニー、足回りをリニューアルしました。

フロントスプリングを1インチUPから2インチアップへ変更。

それに伴い、キャスター角補正の強化リーディングアーム、調整式ラテラルロッドに変更。

ジムニー JB64 JB74 リフトアップ 2インチアップ エアーリフト サスペンション ジムニーカスタム 

リヤは新商品のエアリフトサスペンションキット。

ジムニー JB64 JB74 リフトアップ 2インチアップ エアーリフト サスペンション ジムニーカスタム 

ついでにディーンクロスカントリー+BF GoodRich オールテレーン KO2 225/75R16から

JA22純正リム+同サイズのマッドテレーン KM3にチェンジ。

 

今まで、弊社で一番人気は1インチちょい(約3㎝)アップでした。

純正サスの弱点であるフワつき感、ロール感を抑えたスポーティーかつ硬すぎない乗り味。

伸び側に余裕があるスプリングレートと自由長で、2インチアップ並のロングストローク。

スプリングとショックのみの交換でOKで、コスパが高い。

というのが人気の理由です。

225/75R16サイズのタイヤとの見た目のバランス感覚もベストだと思います。

参考画像 1インチアップの頃の弊社デモカー

ジムニー JB64 JB74 リフトアップ 2インチアップ エアーリフト サスペンション ジムニーカスタム ジムニーバンパー SCMバンパー

で、何故今ここで2インチアップなのか?

 

弊社のエアリフトサスキットは令和3年9月以降の突入防止装置条件に適合させるべく開発された物ですが、

1インチアップくらいであればノーマルサイズタイヤに入れ替えれば、社外バンパーでもどうにかクリアーできてしまうレベルです。

真価を発揮するのは2~3インチアップの車輌です。

 

空気バネを使うサスペンションはエアーバッグ型、シリンダー型、コイルスプリングやリーフスプリングと併用など色々ありますが、

総じてエアーの圧力を変化させることにより車高を調整する機構です。

つまり逆に言えば、

車高か変わると硬さ(乗り心地)が変わってしまう

ということです。

 

弊社のエアーリフトサスペンションはコイルスプリングとエアーショックの併用ですが、

ライドハイトから車検が通る車高に瞬時に落とせる

という第一目的がありましたので、コイルは柔らかくて長い特殊な物となっております。

エアーを入れない状態ですとフニャフニャです。

そこからエアーショックのエアー圧が加わりちょうど良い硬さになるのですが、

2~3インチアップくらいが一番おいしい乗り心地の車高なのです。

ジムニー JB64 JB74 リフトアップ 2インチアップ エアーリフト サスペンション ジムニーカスタム ジムニーバンパー SCMバンパー

どうでしょう?

1インチアップからですとそこまで変わった感はありませんが、

ノーマルから比べるとだいぶ上がってます。

ジムニー JB64 JB74 リフトアップ 2インチアップ エアーリフト サスペンション ジムニーカスタム ジムニーバンパー SCMバンパー

タイヤハウスアーチとタイヤの間隔

車を格好良く仕上げるために最も重要な部分です。

この車高ですともう少し大きいサイズがいけそうな雰囲気ですが、

これ以上タイヤサイズを上げると走行性能に影響が出ますので我慢します。

ジムニー JB64 JB74 リフトアップ 2インチアップ エアーリフト サスペンション ジムニーカスタム ジムニーバンパー SCMバンパー

カミングアウトします。

ジムニー屋さんをやっておりますが、実は私、オフロード走行は好きではありません。

車汚れるし、痛むし、揺れるし、埃っぽいし。

でも、うちの車やパーツはその気になればちゃんとオフロードを走れるように考えて作ってます。

アプローチアングル

ジムニー JB64 JB74 リフトアップ 2インチアップ エアーリフト サスペンション ジムニーカスタム ジムニーバンパー SCMバンパー

ちなみにノーマルのJA11ジムニーは、同じ場所でシャックルが壁と干渉して登れませんでした。

ジムニー JB64 JB74 リフトアップ 2インチアップ エアーリフト サスペンション ジムニーカスタム ジムニーバンパー SCMバンパー

 

ジムニー JB64 JB74 リフトアップ 2インチアップ エアーリフト サスペンション ジムニーカスタム ジムニーバンパー SCMバンパー

デパーチャーアングル

ジムニー JB64 JB74 リフトアップ 2インチアップ エアーリフト サスペンション ジムニーカスタム ジムニーバンパー SCMバンパー

オフロードを走ることが目的ではなく、

行きたい場所に到達するためにオフロードを走る。

ジムニー JB64 JB74 リフトアップ 2インチアップ エアーリフト サスペンション ジムニーカスタム ジムニーバンパー SCMバンパー

ジムニー JB64 JB74 リフトアップ 2インチアップ エアーリフト サスペンション ジムニーカスタム ジムニーバンパー SCMバンパー

意図的に斜めに斜面を登り、サスの伸び具合をチェックします。

フロントはスタビが効いているのであまり動きませんが、

ジムニー JB64 JB74 リフトアップ 2インチアップ エアーリフト サスペンション ジムニーカスタム ジムニーバンパー SCMバンパー

リヤはご覧の通り。

ジムニー JB64 JB74 リフトアップ 2インチアップ エアーリフト サスペンション ジムニーカスタム ジムニーバンパー SCMバンパー

なかなかの伸びっぷりです。

ジムニー JB64 JB74 リフトアップ 2インチアップ エアーリフト サスペンション ジムニーカスタム ジムニーバンパー SCMバンパー

 

デモカーと同じ内容で、リフトアップ工賃込みの総額は約23万円(クロスメンバー別)

デモカーは試乗もできます。

オンロードでは快適な乗り心地、オフロードではよく動く。

荷重による車高変化の補正も可能、もちろん車検対応。

そんなSCM 2インチアップサスペンション エアーリフト仕様をぜひご体感ください。

 

なお、スポーティーな乗り味で伸びストロークは2インチ並み、リーズナブルな3㎝リフトアップも引き続き取り扱っております。

ジムニーのリフトアップとローダウンは、専門店であるSCMへご相談ください。

R3年9月以降対応 エアーリフトサスペンションKIT発売 ジムニー ジムニーシエラ JB64 JB74 車検対応 突入防止 ジムニーリフトアップ

前回記事の続きです。

簡単に言うと、

2021年9月以降の車は社外バンパーだとリフトアップがほとんどできない

ということになりますが、

それでもリフトアップしたい!という要望に対するSCMの答えがこの商品です。

ジムニー JB64 JB74 ジムニーリフトアップ ジムニーエアサス 突入防止 突入防止装置 車検対応 ジムニー専門店 ジムニーカスタム

商品紹介ページこちらから

 

特注のロングでソフトなスプリングに

エアーで車高を調整可能なエアーショックを組み合わせます。

エアー圧を下げた状態で

ショートバンパー 225/75R16タイヤでリヤメンバーの高さ60㎝以下をクリアー。

エアー圧を上げることによりフロント1~3インチアップに対して平行な高さまで車高アップできます。

 

つまり、車検時にノーマルサスに組み替えたりしないで瞬時に車高を下げれるのです。

あ、いけない。

建て前上、

公道走行時は車検に適合する車高に調整してお使いください。(笑)

 

それと、

ライドハイトに合わせたヘッドライトの光軸調整

直前直左視界対策

もお忘れなく。

光軸は、リヤを下げた状態で正規に合わせておけば

車検時も楽ですし、対向車に眩しさで迷惑をかけず良いと思います。

 

車検対策だけでなく、積載やトゥーイング時の尻下がり補正にもバッチリです。

(エアーショックの本来の正しい使い方)

スペアタイヤを外してリヤの車高が妙に高い時の補正にも使えます。

ほとんどのリフトアップサスはスペアタイヤ装着時の荷重で計算されているので、

外してしまうとケツ上がりになってしまうんですよね。

 

あと、前にも書きましたが、

このサスペンションは車高を調整できるだけでなく、

オフロード走行性能も向上します!

特注のソフトでロングなスプリングは

接地時 1G状態から伸び側にかなりの余裕があります。

よく皆さんが言う、「伸びる足」が実現したのです。

ジムニー JB64 JB74 ジムニーリフトアップ ジムニーエアサス 突入防止 突入防止装置 車検対応 ジムニー専門店 ジムニーカスタム

フロント3㎝アップ スタビありでこの伸びっぷり。

オフロード走行では片輪が浮くと空転してスタックの元となりますので、

いかに柔軟に動いて4輪を接地させるかがカギとなります。

 

 

もちろん、JB74 ジムニーシエラにも装着可能。

フロント3インチアップでもテスト完了してます。

ジムニー JB64 JB74 ジムニーリフトアップ ジムニーエアサス 突入防止 突入防止装置 車検対応 ジムニー専門店 ジムニーカスタム

ジムニー JB64 JB74 ジムニーリフトアップ ジムニーエアサス 突入防止 突入防止装置 車検対応 ジムニー専門店 ジムニーカスタム

車高調整ができて、

乗り心地も良くて、

オフロード性能もアップ。

これは、買うしかないね!

怒涛の一週間 納車御礼 作業状況

今週もハードであっという間でした。

火曜日

エンジンオーバーホールでお預かりしてたJA11ジムニーを横浜へお届け。

そのまま千葉へ向かい、54年 シボレー210ワゴンを引き取りに。

一旦店に戻り、寝ずにそのまま群馬へ出発。

それにしても、迷惑極まりないパンデミック騒動。

サービスエリアの食堂が夜やってない。

小露菜は夜行性ですか?

なぜか標的にされる飲食店ですが、感染源となった事例は全体のたったの2%。

なんだか矛盾極まりない。

SAの食堂が営業時間短縮して困っているトラックドライバーさんはとても多いはず。

まして、飲食店も大迷惑。

それこそ緊急事態ですよ。

トラックで車中泊して、強烈な朝日に顔を照射されて暑くて目が覚めました。

夢の中で赤外線ヒーターで炙られてうなされてました。

納車した車はこちら。

ジムニー JA22 カスタムコンプリート オーダー製作です。

ジムニー JA22 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート

4インチアップに9㎝オーバーフェンダー、

今や希少なミッキートンプソンクラシックにBFグッドリッチKM2 31x10.50は秘蔵していた中古良品です。

ジムニー JA22 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート

この車幅なので小型乗用 普通車登録です。

ジムニー JA22 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート

ジムニー JA22 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート

群馬県 N様 ありがとうございます!

 

群馬からの帰りの道中、恐怖体験をしました。

前を走っていたトラックの積み荷が飛び、直撃!

こちらのミラーが吹っ飛びました!

飛んできたのが養生用の発泡スチロールの板だったので軽傷で済みましたが、

あぁ、怖かった。

そして、ミラーなしの状態で高速道路走るって結構怖い。

 

その日の午後には会社に戻って顧客様ご紹介のお客様 来店商談。

ご成約ありがとうございます!

 

木曜 カスタム相談の来店対応などしつつ、出張査定のご依頼が。

SAMURAIの車検切れ不動車と聞いてワクワクしながら見にいくと、

いろんな意味で無茶苦茶な車!

商談成立して翌日2人体制で引き取りに。

引っ張ってもどうしても一か所ブレーキ固着が外れなくて、

その場で開けて対処。

なんとか積み込みました。

それにしても猛烈なリフトアップ。

リフトアップリーフにアクスル逆組みはいいとして、

このボディーリフトはアリなんですか?

今履いているタイヤは外径32インチですが、それが小さく見えるほどのリフト量。

元々はスーパースワンパーの44インチを履いていたみたいです。

お隣さんに、

「最近変な車ばかり増えてきたけど大丈夫?」

と心配されました。(汗)

 

作業は色々と進んでます。

JB64 新車カスタム

ノックスドール防錆塗装

JA22 注文製作 サフェ入りました。

JB23 ジャダーの修理。

どこが原因かを突き止めるまでが、時間が掛かります。

 

エンジンオーバーホール 渋滞中です。

 

最近のF6Aエンジン事情 F6A エンジンオーバーホール

前回、最近のK6A事情を書きましたが、

ジムニー屋としては外すことができないF6Aエンジン事情についても書きたいと思います。

 

JA11時代から、JA22でK6Aが登場してからもJA12用として併売されていたF6A SOHC TURBO。

K6Aよりも頑丈と思われている方も多いですが、

ふたを開けてみると「かろうじて動いている」個体が多いのも事実です。

 

まず、シリンダーブロックの素材の話。

F6Aは鋳鉄K6Aはアルミです。

F6Aは鉄だからアルミのK6Aより強い

と認識されている方も多いようですが、これは大きな間違いです。

それを言ったら、現代の車のエンジンはみな弱いということになってしまいます。

強度の差の要因は素材の違いではなく、構造の違いです。

 

F6AとK6Aの大きな違いは、シリンダーライナーの構造です。

F6Aはライナー全体がブロックに埋め込まれ、その周りに冷却水穴が開いているクローズデッキ構造

それに対しK6Aはライナー全体が冷却水水路に面しているオープンデッキ構造です。

冷却面では優れている一方で、

ライナーの固定がブロックに圧入されている下部とシリンダーヘッドにより押さえられているだけなので

首振り現象を起こしやすいという弱点があります。

ブロックが鉄でできているということは、アルミより錆びやすいということ。

冷却水交換を怠り、LLCの防錆効果が無くなった状態で乗り続けると、こうなります。

ちなみにK6Aエンジンはブロックはアルミですが、ライナーは鉄なので同じように錆びます。

クーラントはけちらず車検毎に交換しましょう。

 

F6A SOHCで多い症例が、ヘッドのクラック。

プラグホールとバルブシート間にクラックが入ってしまっている個体は非常に多いです。

クラックが深かったり、3気筒全てにクラックが入っているような個体は再利用は避けたいです。

オイル消費、白煙の原因はK6Aと同じです。

ピストンのオイル穴は、ほぼ詰まっています。

 

ちょうど現在、お客様からOH依頼でお預かりしているエンジンが

分解洗浄まで終わったところです。

こちらを例に挙げさせて頂きます。

オーバーホールを決意されたきっかけは、ヘッドガスケットからエンジン外側に冷却液が漏れはじめてしまったから。

ヘッドをはぐると、冷却水路が謎の固形物により塞がっている状態。

サビなのか、変質したガスケットか。

これでは水の流れが悪く、ヘッドが十分に冷却できていなかったことが想像できます。

定番のクラックですが、本機は割れが深く、欠けも生じています。

このまま組むのは心配な状態。

バルブシートを抜き、レーザー溶接による補修をすることになりました。

 

数年前は捨てるほどあったF6Aエンジンですが、

現在は良質なベースが激減してしまいました。

致命傷になる前に、オーバーホールはお早目にどうぞ。

 

 

SCM製作車輌入荷!ジムニー JA22 カスタムコンプリート AT

弊社で製作した車輌がオーナー様お乗り換えで入庫しました!

平成9年のJA22前期、オートマ車です。

平成29年12月にオーダー製作、納車。

そこから約2.6万キロ走行してます。

ジムニー JA22 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート ジムニー専門店

製作時に当然、エンジンはフルオーバーホールしてあります。

現在もいたって快調です。

 

ジムニー JA22 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート ジムニー専門店

ホームページに画像多数掲載してます。

こちらからご覧ください。

車輌価格130万円

こういった車輌の入荷は稀で、

お問合せはお早目にどうぞ。

 

連休前の納車ラッシュ! 皆さまありがとうございます。

連休直前の納車ラッシュです。

4/29

富士宮市 S様

訳あって、同型JA22ジムニーからのお乗り換え。

前車から色々と移植しました。

ありがとうございます!

 

4/30

富士宮市 G様 NV200 バネットバン

ジムニーからのお乗り換え。

内装はご自身でキャンパー仕様にカスタムされるそうです。

オールペンもご依頼されていますが、

順番待ちのため後日お預かりします。

ありがとうございます!

 

5/1

富士市 F様 

JB64 ジムニー新車コンプリート

ご希望のホイールが7月入荷予定とのことで、ひとまずノーマルで納車。

ペニーレインのFバンパーにリヤはSCMバンパー。

エンブレムやドアハンドル、マーカー類はブラックアウト。

ありがとうございます!

 

富士市 K様

アルファロメオ GT

ボディーのリフレッシュと、車検整備のご依頼です。

長年乗り続けた愛車がくたびれてきた時、

安易に乗り換えてしまうのではなく、

リフレッシュしてあげて乗り続ける。

とっても素敵な事だと思います。

アルファロメオ GT オールペン

日焼けによる退色、クリア剥げでみすぼらしくなってしまったボディーは同色オールペン。

エンブレムは新品に。

ヘッドライトは研磨してからクリア塗装。

ウィールは外した状態で裏側まで徹底クリーニング。

アルファロメオ GT

恥ずかしながら私、今までイタリアの車にはあまり縁が無くて。

アルファロメオGTと言われてもピンとこなかったのですが、

試乗させて頂くとビックリするほど楽しい車!

V6 3000㏄エンジンに6速マニュアルミッション。

乗りこなすのはなんと女性のオーナー様!

ありがとうございます!

 

5/2

JB74 ジムニーシエラ 新車コンプリート

富士市 T様

ジムニーシエラ JB74 ジムニーカスタム ジムニー新車コンプリート ジムニー専門店

実はローダウン予定だったのですが、

輸入品のショックアブソーバーがいつになっても入荷せず。

ひとまずそれ以外のカスタムを施し、納車となりました。

ジムニーシエラ JB74 ジムニーカスタム ジムニー新車コンプリート ジムニー専門店

ダムドのグリルにTOCバンパー。

ホイールはディーンクロスカントリーに

ローダウンを見越してサイズセレクトしたグッドイヤーのタイヤ。

ジムニーシエラ JB74 ジムニーカスタム ジムニー新車コンプリート ジムニー専門店

ノーマル車高だとタイヤが小さく見えますが、ローダウンするとちょうどよいと思います。

ジムニーシエラ JB74 ジムニーカスタム ジムニー新車コンプリート ジムニー専門店

マニュアルシフトを颯爽と乗りこなす素敵な女性オーナー様。

ありがとうございます!

 

富士宮市 I様 ジムニー JA22 カスタムコンプリート

ジムニー JA22 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート ジムニーレストア ジムニー専門店

過去製作車輌のリメイク販売です。

若い女性オーナーさん。

弊社顧客様(同じく女性ジムニーオーナーさん)からのご紹介でご成約となりました。

そういえば、前オーナーさんも女性。

ジムニーライフ、お楽しみください。

ありがとうございます!

 

御殿場市 K様

ジムニー JB23 

リフトアップとタイヤ交換のご依頼です。

2インチリフトアップにTOYO オープンカントリーM/Tの225/75R16。

リフトアップした途端にジャダーが発生し、少々苦労しました。

ありがとうございます!

 

そしてラストは、富士市M様

ジムニー JA22 カスタムコンプリート オーダー製作

ジムニー JA22 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート ジムニーレストア ジムニー専門店

ご注文から約1年が経過してしまいました。

ジムニー JA22 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート ジムニーレストア ジムニー専門店

自衛隊指定色でオールペン。

エンジンオーバーホール~機関リフレッシュフルコースは弊社では当たり前。

ジムニー JA22 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート ジムニーレストア ジムニー専門店

ジムニー JA22 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート ジムニーレストア ジムニー専門店

ジムニー JA22 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート ジムニーレストア ジムニー専門店

ジムニー JA22 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート ジムニーレストア ジムニー専門店

 

大変お待たせいたしました。

ありがとうございます!

 

さて、弊社は明日3日~10日まで連休とさせて頂きます。

皆さま良い休日を!

ジムニー新車カスタム 納車御礼

納車御礼 東京都 S様

JB64 新車カスタムコンプリート

 

前後SCMカスタムスチールバンパー

KLCグリル

3㎝リフトアップ

ディーンクロスカントリー

BFグッドリッチ A/T KO2

ジムニー 新型ジムニー JB64 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート ジムニーバンパー ジムニーリフトアップ

ルーフホワイト ツートーン塗装

ジムニー 新型ジムニー JB64 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート ジムニーバンパー ジムニーリフトアップ

ジムニー専用設計 アルミ製キャリア

ジムニー 新型ジムニー JB64 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート ジムニーバンパー ジムニーリフトアップ ジムニーキャリア 2トーンルーフ

ジムニー 新型ジムニー JB64 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート ジムニーバンパー ジムニーリフトアップ

O.G Base マルチステップ

ジムニー 新型ジムニー JB64 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート ジムニーバンパー ジムニーリフトアップ

ジムニー 新型ジムニー JB64 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート ジムニーバンパー ジムニーリフトアップ

ありがとうございます!

 

長泉町 H様 JB64 持ち込みカスタム

SCMカスタムスチールバンパー

下回り塗装

3㎝リフトアップ

純正AW ブラック塗装

ジムニー 新型ジムニー JB64 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート ジムニーバンパー ジムニーリフトアップ

ジムニー 新型ジムニー JB64 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート ジムニーバンパー ジムニーリフトアップ ジムニーカスタムバンパー ジムニースチールバンパー

3㎝ UP サスペンション

ジムニー 新型ジムニー JB64 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート ジムニーバンパー ジムニーリフトアップ

ありがとうございます!

 

静岡市 T様

JB64 新車カスタムコンプリート

3㎝リフトアップ

KLCグリル

JA11純正アルミ

TOYO オープンカントリーM/T

ありがとうございます!

 

 

さて、ここ最近ジムニー用部品の欠品が目立ってます。

 

新車ジムニーのデリバリーがだいぶ進みつつあり、それに伴いアフターパーツの注文数も増加。

予想を超える注文数で各社品薄状態なんでしょうね。

そういえば、以前営業で来店された某エアロメーカーさんが

「我々アフターパーツ屋は新車が出て3年後からが勝負ですよ。」

とおっしゃってました。

その真意を、今、実感しております。

 

ジムニーのパーツ屋さんは旧型用も併売しているところが多くて、

現行人気のしわ寄せで旧型部品の生産が遅れているパターンも多いです。

 

弊社もおかげ様でJB64用バンパーのフロント用が完売しまして、再入荷待ちです。

急いで作るようお願いしてあります。

リア用はまだ少し在庫あります。

ジムニー 新型ジムニー JB64 ジムニーカスタム ジムニーコンプリート ジムニーバンパー ジムニーリフトアップ ジムニーカスタムバンパー ジムニースチールバンパー SCMバンパー

いつも使っているテールレンズも欠品!

しかし。

うちのオリジナルバンパーのテールレンズは、USの規格サイズを採用しております。

同じ大きさで、様々な種類のレンズが存在するのです。

ピンチヒッターで別の種類のレンズを仕入れました。

これはこれで、格好良い。

 

頼んであったJA22/12用リフトアップスプリングは20台分入荷しました。

これでしばらくは安心。

JB64のリフトアップサスは切らさないよう心がけてます。

 

連休前に仕上げて納車したい車達。

作業頑張ります!

商品車もいろいろ入荷してますが、仕上げがまだできておりません。

近日、お披露目いたします。

 

© 2022 ジムニー専門店 SCM EXPERIENCE 店長ブログ, All rights reserved.