冬休みの工作 真空管 ギターアンプ 自作

久々の音楽ネタです。

私、ギターを嗜むのですが、

自宅寝室で小音量で、なおかついい音で使えるアンプが欲しいな~と思っていました。

そしたら冬休みに息子が作ってくれました。

真空管は12AXを1本のみ。

ギターアンプのプリ管用で一般的な球ですが、

これをパワー管として使い、出力は0.1W。

試しに手持ちのキャビネットで鳴らしてみました。

正直ビックリ!

音量 これが想像してた以上に大きいです。

ボリューム全開は一般家庭では苦情レベル。

たった0.1Wとは思えない迫力、音圧感。

 

そして、音質。

これがまた、良いんです。

ギターアンプに求められるのが、プレイヤーの微妙な強弱、タッチにリニアに反応してくれるかどうか。

これがトランジスタでは再現が難しく、未だにギターアンプで真空管が優位である理由のひとつです。

エレキギターはアンプまで含めてひとつの「楽器」なのです。

 

コントロールは、

ボリューム

トーン

オーバードライブスイッチ

のみのシンプルなもの。

 

トーンは全開が好みです。

ボリューム

半開くらいで、強く弾くと微妙に歪むくらい。

全開にすると心地よいクランチサウンド。

 

オーバードライブチャンネルは、

ハイがきつくないウォームな歪み具合。

 

たいそう気に入りましたので、ウッドケースを製作することにしました。

せっかくの一点物なので、合板ではなく桜の無垢材で。

45度でカットして接着。

塗装は、無垢材の質感を生かすべく、ナチュラルオイルフィニッシュで。

仮組。

どうでしょう、この質感。

真空管アンプ ギターアンプ 小型アンプ チューブアンプ

真空管アンプ ギターアンプ 小型アンプ チューブアンプ

真空管アンプ ギターアンプ 小型アンプ チューブアンプ

 

次はこれに合わせたスピーカーキャビネットを製作したいと思います。

 

© 2022 ジムニー専門店 SCM EXPERIENCE 店長ブログ, All rights reserved.