ビョーキの話

※ この記事はあくまでも個人的な考えを掲載しております。

捉え方も十人十色ということで、ご興味のある方のみご覧くださいませ。

 

お盆休みが終わり仕事再開して、気が付けばもう8月も終盤。

時が経つのが早すぎます。

で、今回は車の話題はちょっと離れて、

世間を騒がせているビョーキ(疫病)の話です。

 

そんな中、うちのスタッフがあらゆる角度から集めた情報をメモ変わりにしたブログを始めました。(一般公開ではなく、あくまでもプライベートなブログです。)

あちらこちらで緊急事態宣言が発令され(しかも延長戦となってます。)、お酒を扱う飲食店の方々など特にご苦労されていることと存じます。(お酒は大好きです!お互い頑張りましょう!)

怒涛の如く毎日流される膨大な情報、常に相反する情報が入り乱れ、何を信じて良いのか何を頼って良いのかわからない状況なのではないでしょうか?

毎日不安な日々を過ごしていらっしゃることと思います。

一方的に流される膨大な情報を、ただ受け入れているだけでは脳は解読しきれずに完全に停止状態となり、自分では何も考えられなくなってしまいます。

 

2050年(2030年?)から始まる、政府主導の「ムーンショット計画」

これから、みなさんが予測し得なかったありとあらゆることが始まると思います。(もう始まっていますが。)

これまで十数年に及び、中古車をメインとしたサービスを行ってまいりましたが、みなさんがこれまで通り、愛車との楽しいカーライフを維持できるように、未来を見据え、様々なことを考えていかなければならない時期なのだと痛感しております。

今後、私共が道に迷わぬよう各々が自分らしく生きられるようにと、冷静な判断力となるヒントとしての情報をできるだけたくさん掲載していきたいと考え、

スタッフがブログを開始致しました。

また、可能であればお客様ともいろいろな情報を共有していきたいと考えております。

 

ブログは現在、プライベートモードの為にパスワード保護されていますが、弊社のお客様にのみ一時的に公開させていただくことになりました。

 

スタッフのつぶやきブログはこちら

※ 現在は公開を終了致しました。

 

こちらの内容もスタッフ個人としての情報や考えを述べております。くれぐれも鵜呑みにせずに、その中で何が真実かはご自身でよく考えてみてください。

なお、インターネットの検閲が非常に厳しくなっていて、禁止ワードもバンバン増えつつあるため、記事内でワードを意図的に当て字、誤字で記載したりしていてます。

読みづらいかと思いますがご容赦ください

 

当ブログではこの話題についてあえて我慢して触れずにきましたが、

(だって読者さんはクルマの話題でワクワクしたくて読みにきているのに、ビョーキの話とか聞きたくないでしょ。)

ここまで来るとさすがに無視できないかなと。

 

その前に、この一件に限らず私の万事に対する基本的な考え方。

何かしらの情報インプットがあった際、

それが正しいか否かを判断する材料として

今まで自分が経験、学習して蓄積してきた知識、常識は一旦排除します。

でないと、大昔に地球は平らなお皿のようなものであると信じて疑わなかった人たちと同じになってしまうので。

(地球が丸いという概念も、もしかしたら間違っているかもしれません。)

 

政府は嘘をつかない。

テレビは嘘を流さない。

そういった固定概念は全てリセット。

 

小学校~中学校で習いました。

てれびじょんは、嘘を流してはいけないよ。

偏った報道をしてはいけないよ。

プロバガンダ(大衆誘導)はいけないよ。

裏を返せば、

法律でこのように決まっているから、てれびは安心で正しいよ!

と子供のうちから刷り込みたいのかな?

 

しかし、

凄くシンプルに簡単な事なんですけど、

テレビ屋さんの収入源が何かを考えれば、スポンサーに頭が上がらないのは当然のこと。

本音と建て前。

大人の事情で上手くやるよね。

 

我が家にはテレビがありません。

実家を出てから約20年、この生活が続いています。

TVを排除した理由は、TVは時間を奪うから。

幸いにして妻も同じ考えです。

 

それでも、テレビは否応なしに目に入ります。

飲食店にご飯を食べに行けばテレビが放映されてますし、

陸運局の待合所では国営放送が流れてます。

 

たまーに目にするテレビですら、最近は子露菜一色。

やれ観戦者が何人だとか、

症状がどうだとか、

芸能人が観戦しただとか、

印度とか出留多株がとか、

緊急事態だとか、

延々と垂れ流し。

これでは日常的にテレビを見ている人は恐怖に慄くのも無理がありません。

 

私は、テレビだけでなくラジオや新聞、インターネットの情報も見るまま 聞くままに鵜呑みで信じてしまうのは非常に危険だと考えています。

鵜呑み 鵜は魚を丸呑みすることから、物事の真意を理解せずに受け入れること)

 

義務教育で習った歴史が正しいのであれば、

今までに人民は、何度も国やマスコミに誘導、洗脳されてきました。

過去の大戦もそうですし、

ちょっと前はテロから報復攻撃の流れが定番でしたね。

信じられるのは、自分が実際に見聞きした情報だけです。

 

うちは感染者が多いといわれている首都圏関東方面からのお客様も多いので、

ご来店された際はなるべく聞き取り調査するようにしています。

今のところご本人を含め周辺知人で感染したという人は0名

私のイメージでは緊急事態宣言なんて言うくらいですから、東京辺りなんぞ感染者だらけかと思いましたが。

 

私の直接の知人友人親戚関係では、重傷者1名

高齢でもともと持病があり、通っていた病院で院内感染だそうです。

それ以外はゼロ

 

私の知人やお客さんの数がよっぽど少ないから、分母がおかしいのでしょうか?

 

最近では、

感染して大変だったよ!

という数よりも、

枠賃打って副作用大変だったよ!

という実例報告のほうが確実に増えました。

あ、なぜか副作用と言わずに副反応と呼ぶようになりましたね。

私の聞き取り調査内では、摂取後の副作用発熱発症率は100%

皆さん大変な経験をされたそうです。

 

枠賃関連のニュースで衝撃的だったのが、

供給量などの交渉で、製薬会社が

「コーノじゃ駄目だ、スガをよこせ。」

と言ってきた逸話。

もはや製薬会社は、一民間企業でありながら国家権力をも上回る力をお持ちのようです。

摂取後に日本国内だけで約2千人が死んでいながら、因果関係は1件も認められていないというのがそれを物語っているのではないでしょうか。

 

マスクの話

古露菜は飛沫観戦すると言われています。

皆さま飛沫の大きさをご存じでしょうか?

調べてみました。

鵜胃留守飛沫 約2㎛ (1㎛=1/1000㎜)

思ったよりも小さくないですか?

喋るときに明らか目に見えて口から唾液が飛ぶ方もいらっしゃいますが、それは論外として。

咳などでスプレー状に飛び散る飛沫は意外と細かな粒子なんですね。

ちなみに宇井留守自体の大きさは約0.1㎛だそうです。

画像は私が塗装作業するときの装備です。

防塵防毒マスク、防護服は作業環境によって様々な種類があります。

防塵機能のテストは

個体粒子 塩化ナトリウム 0.06~0.1㎛

液体粒子 フタル酸ジオクチル 0.15~0.25㎛

を使い、何パーセントろ過できるかを試すそうです。

防毒機能はまた別で、

活性炭で吸着ろ過してます。

 

数あるマスク、防護服の中でもスプレー塗装用途で使える物は限られます。

それだけ過酷な環境ということです。

 

このレベルなら、仮に空気観戦するような凶悪右胃留守でもある程度の効力はありそうです。

私が本当に危機感を感じたら、この格好で出歩くことになるでしょう。

 

せっかく全戸数お配り頂きましたが、このようなマスクは残念ながら何の効果も無さそうです。

 

PしーRの話

開発者のキャリーマリスさんについて調べてみました。

なんとサーファーだったそうで、それだけで親近感アップ!(単純)

で、彼は生前、この方法を観戦症の診断に使ってはならない、と警告していたそうですが、

2019年8月に亡くなりました。

生きているか死んでいるか分からない鵜胃留守のDNA断片を何万倍にも増幅して検出する方法ですから、

陽性=観戦者とするのは疑問です。

例えるなら、花粉アレルギーのない人にちょっとだけ花粉がついているのと同じ状態です。

CT値30以上は擬陽性が出やすいと言われてますが、日本はCT値45で検査しているそうです。

 

その他、

インフルエンザはどこへ行っちゃったの?

とか

飲食店での観戦はほんの数パーセントなのに

なぜ飲食店、会食ばかりを締め付けるのか?

とか、

枠珍摂取数増加と比例して観戦者数が増加しているのは何故か?

とか、

突っ込みどころは満載ですが、

私の書いた内容も鵜呑みにせず、ご自身でよく調べてみてください。

ね、ウータン!

ジムニー専門店 SCM EXPERIENCE

詳細ページはこちら

SCMオリジナル ジムニー カスタムパーツ

詳細ページはこちら

ジムニー以外の車種もお任せください! 愛車探しのお手伝い!SCMの「中古車注文販売 オークション代行システム」

詳細ページはこちら

商品のお見積り・お問い合わせ

お急ぎの方は、お電話でも承っております!!

※ 月曜定休日。AM: 10:00~PM: 19:00 の間でお願いいたします。

TEL : 0545-32-6182

ジムニー カスタムパーツ通販サービスをご希望のお客様は、必ずこちらをご一読下さいませ。

※ SCMのホームページに移動します。


お問い合わせフォーム

お気軽にお問い合わせください!!

※ SCMのホームページに移動します。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう