ジムニーのタイヤの話 TOYO OPEN COUNTRY M/T BF Goodrich M/T KM3 225/75R16

今まで弊社で一番の売れ筋タイヤといえば、BF Goodrichのマッドテレーン、KM2。

ワイルドなトレッドパターンに、トラディショナルなホワイトレターで抜群の人気を誇るタイヤでした。

が、

KM2からKM3にモデルチェンジして、ホワイトレターではなくなってしまったのです。

ガーン!

お客様と話をしてきた中で、やはりグッドリッチのホワイトレターに憧れを抱かれる方は多かった訳でして、

正直なところホワイトレターがないグッドリッチなんて売れなくなるだろうと考えていました。

 

そんな中、トーヨータイヤからオープンカントリーM/Tでリフトアップジムニーにジャストな225/75R16サイズが発売されました。

パターンも格好よくて、価格も安いので早速1セット仕入れてJB64デモカーに履かせました。

重量も軽く、ウェイトバランスもよく、しかも規格外サイズなのでどこでも販売できる訳ではなく、これは売れるでしょう!

と思ったのですが、

実際のところ当店での注文はゼロ。

実物を見比べて選んでもらうと、皆さんグッドリッチを選ばれるのです。

何故か?

考察してみました。

 

まず装着状態で双方見比べてみると、見た目のボリューム感が違います。

同じ225/75R16というサイズなのに違って見えるのはなぜでしょうか?

それは、サイドウォールの膨らみ感の違いにあると思われます。

トレッド幅の225はあくまで接地面のサイズですので、サイドウォールの断面幅はサイズ表記には表れないのです。

BFグッドリッチのほうが丸みを帯びて膨らんでいるので、同じサイズでもTOYOより太く見え、迫力があるのです。

これが、皆さんがグッドリッチを選ばれる理由だと思います。

 

実際のところ、見た目ではなくタイヤとしての性能はどうでしょうか?

これは両社、考え方の違いがはっきり出ています。

 

まずBFグッドリッチのKM3は、最重要視されているのがオフロードでの強度です。

そのため肉厚がかなりあり重く、バランスもよくありません。

バランスウェイトが大量に必要となります。

 

それに対してトーヨーのオープンカントリーM/Tはオフロードの強度も考えられてはいるのですが、

軽さやバランスの良さも両立させようという狙いが感じられます。

回転物、バネ下荷重は当然、軽ければ軽いほど良いです。

タイヤ本来の性能という観点で見れば、TOYOに分が上がります。

 

耐久性という面では、今までの経験からするとBFグッドリッチはかなり長持ちします。

TOYOはどれだけもつかは未知数ですね。

 

ロードノイズはさほど違いは感じません。

M/Tでは両者静かな部類だと思います。

 

上記を踏まえたうえで、タイヤをお選び頂ければと思います。

ちなみにタイヤを組むスタッフのおすすめは、断然トーヨーだそうで。

軽くてバランスもいいから組むのが楽、だそうです。

 

ここへきてTOYOのオープンカントリーはモデルチェンジでホワイトレターになるそうです。

(オープンカントリーR/Tもホワイトレターになるようです。)

これは個人的にはいかがなものかと思います。

BFグッドリッチとかグッドイヤーとかがホワイトレターだと格好良いのであって、

TOYOと白文字で入ってもあまり格好良くないと思うのです。

これは完全に個人的な好みの話になりますが。

まあ、嫌なら裏組みすればよいだけの話なので、問題ないですね。

 

BFグッドリッチのオールテレーンKO2はホワイトレターが健在です。

JA11など干渉の問題で細いタイヤを選びたい場合は、6.50R16辺りがお勧め。

ヨコハマのジオランダーM/T、6.50R16。

ヨコハマM/Tの伝統でしょうか、前モデルよりはマシになりましたが、ロードノイズは大きめです。

ウェイトバランスもそれほど良くはありませんね。

TOYOのほうが良いです。

しかしこのサイズの選択肢はとても少ないので仕方がないです。

 

以上、昨今のジムニータイヤ事情でした。


ジムニー専門店 SCM EXPERIENCE

https://scm-experience.com

SCMオリジナル ジムニー カスタムパーツショップ

https://scmllc.cart.fc2.com/

ジムニー以外の車種もお任せください! 愛車探しのお手伝い!SCMの「中古車注文販売 オークション代行システム」

https://scm-llc.net/


商品のご注文・お問い合わせ

お急ぎの方は、お電話でも承っております!!

※ 月曜定休日。AM: 10:00~PM: 19:00 の間でお願いいたします。

0545-32-6182


最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

Scroll Up